占いツクール
検索窓
今日:22 hit、昨日:269 hit、合計:48,589 hit

気づいたらいけない感情 ページ8

Side…os



最早、俺の記憶に両親は殆ど無い。強いて記憶をあげるとしたら暴力と暴言のみ。幼いながらにして両親の機嫌をとろうと目を細めて静かに笑っていた記憶で、俺がしっかりと記憶が残っているのはグルッペン達と出会ってから。

そして、しっかりと自分の感情を表に出すのはA様と出会ってからだ。

商人に捕まった俺達を助けてくれたA様。静かに御自身の夢を語る時、俺はグルッペンとは違う何かを感じた。暖かく強い何かを。

だから彼女に付いていこうと思った。彼女ならば不可能すらも可能にすると思ったから。

付いていけば、この10年は色々あった。

気になる文献が手に入ったからと言って部屋に籠もる。


国王陛下と共に脱走する。

行っては行けない場所ヘ行く。


王女なのに鍛錬に参加する。

舞踏会のレッスンには不要と言って参加しない

魔獣を拾ってくる。

まぁ、色々だ。護衛である俺達を付けずに脱走する事もしばしばで、例としては今回の人魚の密猟者の件や。朝、縛られた男数人が牢屋で見つかりA様が行った事だと判明した。粗方、A様が護衛である俺達を付けなかったのは人魚の好物が男の肉だからだろうな。危険と判断して勝手に向かった。どんな危険な魔獣でも魔法動物でも相手にする、それが俺達のA様なのだ。

『オスマン。甘い物を食べよう!』

俺に食べ物の美味しさを教えてくれた。

『あ!オスマンが笑った!そんなに面白いか?』

俺に本当のは笑顔を教えてくれた。

『オスマン、疲れたなら休めよ。何なら出かけよう!』

俺の事をきちんと見てくれていた。

そんなA様を見ている内に、共に行動する内に、俺は気づいたらいけない感情に気づくようになった。

A様が笑顔になられると胸がバクバクと煩い。

A様に似合う物があるとついつい考えてしまう。

皆と話して笑顔になられると胸が締め付けられてしまう。

その内に、俺は気づいた。

俺がA様の事が好きなんやと。

↓→←王女なのに



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (143 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1118人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd! , 逆ハー , ファンタジーパロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - チェリーさん» は!ご指摘通りでした!すみません、ありがとうございます (3月19日 11時) (レス) id: 8609e55ade (このIDを非表示/違反報告)
チェリー(プロフ) - いつも楽しみに読ませていただいてます!この作品が大好きです!1つ気になったのですが、「無能の気持ち」のzmさんのセリフであろう所の表記がhtさんになってませんか…?違っていたらすみません! (3月18日 16時) (レス) id: 0f872fb85d (このIDを非表示/違反報告)
甘崎薇詩(プロフ) - やばい、めちゃくちゃスコい (2月14日 21時) (レス) id: a6ed88efd3 (このIDを非表示/違反報告)
ミオ - いつもお疲れ様です。幸福の王女大好きです!更新 頑張ってくださいね! (1月18日 10時) (レス) id: 4083773df2 (このIDを非表示/違反報告)
もふた(プロフ) - え、何この小説 神やんけ!面白すぎる 家宝にするわ (12月24日 13時) (レス) id: 6e006a800d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年11月21日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。