占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:11,524 hit

ページ8

.







「……名前がなんだと言うの、薔薇という花にどんな名前をつけようとも、その香りに変わりはないはずよ……」

「ちょっと、A!やる気なさすぎ!ちゃんとやって!」




役が決まってから一週間。台詞は何とか覚えたけれど、どうしても演技に熱は入らなくて。

演技なんて、したことないし。そもそも私が主役?私、ロミオとジュリエットの話そんなに好きでもないし。



それに……相手役のロミオも、何だかやる気なさそうな顔してるんだもん。




「……この前、私にやる気なさそうとか言ってた人の顔には見えないんだけど」

「うるせえな、こういうの苦手なんやもん!最近、こっちの練習ばっかしてるせいで部活行けてないし」




そう、ロミオ役は志麻。まさか、こいつもくじを引き当てるとは。最早誰かが仕組んでるんじゃないかと疑うほどに展開が成り立ちすぎてる。

少女漫画ならきっと、この後私と志麻が付き合うことになるんだろうな。現実だったら絶対にそんなこと有り得ないけれど。



(……世間的に見たらイケメンなんだろうけど、先生の方が100倍かっこいいし)


そんな失礼なことを考えながら志麻の顔をぼーっと眺める。そんな私の視線に気付いて、志麻は少しニヤつきながら。




「何、見とれた?」

「別に、見てただけ」

「ふうん……」




そっけない会話を交わした後、“何か、あれやな”と志麻が歯切れ悪そうに顔を顰める。






「前までのお前の方が、好きやったわ」




──それはきっと、先生に盲目になっていた時の私のことを言っているのだろう。

毎日が楽しくて、楽しくて、少し胸が苦しかった時の、私。





「……あれだけ先生から遠ざけようとしてたのに、本当に私が先生に会いに行かなくなったらそんなこと言うんだ」




“あんたの思い通りに事が進んでるのに、こんな私は好きじゃないなんて我儘じゃないの?”そう言い捨て、私は衣装係の子の方へ小走りで向かった。






ごめんね、志麻。私は優しくないから、貴方の気持ちに気付いた上でこんなこと言ってるの。

だって、私の王子様は貴方じゃないから。









.

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (41 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , センラ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:きゃろっと。 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2018年10月3日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。