占いツクール
検索窓
今日:51 hit、昨日:98 hit、合計:113,856 hit

口紅 -Jiyong- ページ32

そう言って下から顔を覗き込み、
涙で濡れる赤い唇に近づこうとした時、

「やだっ…やっ!やめて!」

Aが本気で嫌がる声を上げ、
振りほどこうと手首にも思いっきり力も入れ、
そして最後には…

座り込むように膝を曲げたから…

握っていた手首を離した。

ズルズルとそのまま崩れ落ちるA。
座り込み、両手で顔を覆い泣いている。

そこまで嫌?
そんなに嫌?

俺ら…結構…今まで楽しく、仲良く話してたよね?
そんなに…こんなに嫌がれるほど、
俺のこと嫌いになったの?
あいつが好きなの?

「そんなにさ…そんなに泣くほど嫌?あいつとはもうしたの?なぁ…あいつがいるから…もう俺はいらないんだ?」

「違います!」

「じゃあなんで!」

上から見下ろしていたけど、
あまりにもハッキリと否定されたから、
その態度にまた苛立ち、俺もしゃがみこみ、
今度は両肩を掴んだ。

またビクッと怖がるA。
涙で濡れる顔。

俺は…笑顔が好きなのに。
いつもみたいに笑った、Aの笑顔が好きなのに…


「ジヨンさん…女の人と…いたんですか?」

「え?」

突然のAの言葉。
すぐには理解できなくて、
でもさっきまでの事を思い出し…

「それが?」

なんてことない。
別に今までもあったじゃん。
Aにも言ってきたじゃん。

でも…

Aから女のことを何か聞かれたのは…
初めてだ。

だからなのかな?
すごく…言いづらくて。
恥ずかしいというか…なんというか…

でもなんで急に?

「口…とか…リップ…付いてます」

そう言われた瞬間、
顔がカッと熱くなった。

鏡が近くにないから顔はわからない。
でも、『とか』という言葉にひかかって、
両肩を掴んだまま自分を見れば、
ベージュのシャツの胸元に擦れた赤い口紅が。

それから、あきらかにAとは違う、
長い髪の毛が左手のシャツから垂れ下がっている。

右肩から手を離し、手の甲で何度か口を擦った。

手の甲についた、薄っすらとした赤い口紅。
口元はもう取れたのかどうかわからなくて、
指でも何度か擦った。

「私…帰ります」

ちょっと気が緩んでた所。
不意を突かれAがそう言って、
左肩を掴む手から身体を避けるように離し、
立ち上がろうとしたから…

後ろから覆い被さるように、
Aを抱きしめた。

欲 -Jiyong-→←壊したい -Jiyong-



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (149 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
485人がお気に入り
設定キーワード:BIGBANG , ジヨン , GD   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

がほ(プロフ) - anzさん» コメ頂いたのに、お礼が遅くなりすみません!最近更新がなかなかできなくて、本当に申し訳ないです。土日で頑張って更新しますので、良かったらまた読んで下さいね^ ^ (11月3日 12時) (レス) id: c74390b1f3 (このIDを非表示/違反報告)
anz - 初めまして(´ ˘ `)凄くドキドキする作品をありがとうございます!毎日楽しみに更新待ってます! (10月25日 7時) (レス) id: c7fabd4acc (このIDを非表示/違反報告)
がほ(プロフ) - ユリアさん» こんにちは^ ^コメありがとうございます!なかなか更新が出来ずすみません!楽しみにしている…と言って頂けて嬉しいです^ ^ (10月20日 9時) (レス) id: c74390b1f3 (このIDを非表示/違反報告)
ユリア(プロフ) - いつも楽しみにしてます!これから先どうなるのかドキドキです! (10月9日 18時) (レス) id: 3eb3ef9154 (このIDを非表示/違反報告)
がほ(プロフ) - なつこさん» こんにちは^ ^コメありがとうございます!ドキドキしながら読んで下さって嬉しいです^ ^3連休中に続きを更新できるよう頑張りますね^ ^ (10月5日 11時) (レス) id: b9b3e3aa96 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:がほ | 作成日時:2018年8月23日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。