検索窓
今日:375 hit、昨日:84 hit、合計:21,743 hit



パシャリと音が鳴り響く。


「あ、今撮ったやろ」


もう慣れたといわんばかりに笑う君は知らんのやろ。


「おん。可愛かったから」



可愛い君を収めたいなんて。



俺の写真フォルダはもう淳太の写真でいっぱいなんて。





注意
※nmmnです。
※ご本人様とは無関係です。
※拡散、無断転載はおやめ下さい。
※貴方様は登場致しません。
※モブの女性出てきます。

他メンの恋愛もガッツリ出てきます。

妄想と現実の区別がつかない方、BLが苦手な方はお引き取りください。執筆状態:連載中




































おもしろ度の評価
  • Currently 9.99/10

点数: 10.0/10 (79 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
228人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:年長さん | 作成日時:2023年3月25日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。