検索窓
今日:1 hit、昨日:6 hit、合計:1,801 hit
上弦の参の襲来で、炎柱・煉獄杏寿郎が受けてたった。

その末に、実力を欲しがった鬼は、こう言った。


「素晴らしい提案をしよう、お前もおn」

「待ちなさい!」


緊迫した辺りに似合わない高い女の声が響き渡る。どこからかと首を振るが、どこにも見当たらず、


「あ、あそこだ!」


と指を指した先は上空だった。


「貴方も魔法少女になりなさい!」

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
※地雷注意
※亀更新
※なんでも許せる方向け執筆状態:連載中

設定を行う場合はこちらをクリック










test
test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.90/10

点数: 9.9/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
18人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

三月の専属ストーカーなつめみく - やばい魔法少女と鬼滅の刃という絶対交わることのないモノクロがまじわってるよ() (10月14日 17時) (レス) id: ba14ff85c6 (このIDを非表示/違反報告)
月坂柚花(プロフ) - 私、魔法少女も好きだし鬼滅の刃も大好きで、大好きが詰まった話ですね! ワクワクします! (9月25日 20時) (レス) id: d344506545 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:gipsofila | 作者ホームページ:http://https://www.pixiv.net/users/72619699  
作成日時:2023年9月25日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。