占いツクール
検索窓
今日:60 hit、昨日:158 hit、合計:41,810 hit
場所はバスケの全国中学の試合会場。

試合をしているのは奇跡の世代と呼ばれるメンバーが在籍し、最強無敗と言われている帝光中学。





点差は圧倒的で、相手のチームはほとんど戦意喪失している状態だ。

会場中がその圧倒的な試合に魅せられている中、
観客席から冷たい目でその試合を見下ろす青年が1人。







『つまんねぇ試合してんなぁ、』







それだけ言葉を溢し、熱気で溢れる体育館から去って行った。






ーーーーーーーーーーーーーーーー

黒○に再熱したので書きました。

男主総愛されにするつもりなので、苦手な方はご遠慮ください。執筆状態:連載中





































おもしろ度の評価
  • Currently 9.90/10

点数: 9.9/10 (108 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
252人がお気に入り
設定キーワード:黒子のバスケ , 男主 , 火神
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

歌好き - とても面白いです!頑張って下さい! (5月18日 10時) (レス) id: 39d96328ae (このIDを非表示/違反報告)
歌好き - とても面白いです!頑張って下さい! (5月18日 9時) (レス) id: 39d96328ae (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:れもねーど | 作成日時:2020年5月17日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。