占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:720 hit
これは、まだ妖怪や神の類いが存在し一部の人間と共に暮らしていた時代。

癒しの舞を舞う少女。

「はい。これでもう大丈夫だよ」

人間に挑む妖怪たち。

「俺たちだって生きているのに…」

妖怪を滅ぼそうとするに人間たち。

「君たちはもういらないんだよ」

そんな彼らの温かくも切ない御話。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どーも、ミルです!

今回は初合作でリアルでも仲が良い海梅ちゃんと小説を書かせていただきます!
(海梅ちゃんの小説→http://uranai.nosv.org/u.php/novel/Suzu08091/)

私たちは10話ごとに交代していこうと思いますので、よろしくお願いします!

評価、お気に入り登録などもよろしくお願いします!

△attention△

・キャラの設定などを「スカウト!夜の怪談」と「剣戟!月光浪漫の歌劇」を見本にしているので、ネタバレ注意かもです

・キャラの口調や性格が掴めていないところがあります執筆状態:完結

設定を行う場合はこちらをクリック










test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.00/10

点数: 9.0/10 (5 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
6人がお気に入り
設定キーワード:あんスタ , 合作
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミル&海梅 x他1人 | 作成日時:2016年2月20日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。