占いツクール
検索窓
今日:272 hit、昨日:218 hit、合計:168,660 hit

-29- ページ33

Aside

ゾ「ぺ神、入んで!」

中からは、嗅いだことのない独特な匂いがした。鼻を通るような鋭さのある匂い。

?「ゾムが来るなんて珍しいね、どうした?」

ゾ「こいつ、怪我しとるから治療して欲しいねん。結構、血出とったから…。」

?「ん〜?」

白衣を着て、顔を「神」と書かれた布で覆った人間が俺をゾムの背中から覗いた。顔の見えないその人間は俺の姿を見て、驚いた素振りをした。多分、驚いたと思う。

?「めっちゃ、血出てる!なんでもっと早く来なかったのさ!!」

ゾ「いや、トントンに捕まって…」

ゾムは俺を降ろし、とても柔らかい何かに座らせた。これは人間が眠るときに使うものだった気がする。

なんてボーっと考えていると、神の布が近付いた。

ぺ「俺はしんぺい神って言うんよ。君は?」

A「A。」

ぺ「…A君ね。ちょっと、検査するよ?頭から結構血出てるし、切ってたら大変だからね。」

そう言って、手を俺に向けた。途中、やけに髪の毛が邪魔だなと思ったら、結っていた髪の留め具が外れていた。

ぺ「あ、髪の毛ごめん。」

A「良い、構わぬから。」

すると、前にいたゾムが俺の髪の毛を見て呟いた。

ゾ「切らへんの?相当長いで?」

ぺ「確かに長いね。腰くらいまであるんかな?」

気にしたことは無かったが、人間の男からしたら伸びているのかもしれない。だが、成長もしないこの体だから、青年のままのはずだ。青年の髪の毛がよほど長かったとしか。

ぺ「う〜ん、だいぶ傷んでるなぁ。」

よくわからないので、スルーしていると、ゾムが何か思い付いたような表情(口元)をした。

ゾ「マンちゃんか大先生に切ってもろたら?」

A「断る」

ゾ「なんでや!?」

別にこのままでも差し支えないし、知らない者、ましてや人間と相容れない神様が人間の情で動かされることは避けたい。神にも多少のプライドとやらはある。

ぺ「…はい、おしまい!暫くは安静になぁ」

しんぺい神は白い布を頭に巻き付けていた。他にも腕や、膝にも治療のあと。

ぺ「ねぇ、気になったんだけど。君、足の裏めっちゃ傷ついてるね。今も靴とかないし…裸足で生活してたん?」

今の人間が、どれ程文明を築いているのか閉ざした俺は全く知らない。靴と言われても一瞬分からなかった。

A「あぁ。」

ぺ「それと君、もしかしてだけど…」

A「…。」

一瞬の間でも、長く感じた。何を言われるのか、何を感づいたのか。形容しがたい恐怖があった。

ぺ「足の裏の感覚無い?」

-30-→←-28-



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (222 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
654人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

pis - No.0なるさん» こちらこそ、ご不便お掛けしてすみません!大丈夫ですよ、返信ありがとうございます。 (8月31日 22時) (レス) id: 2698714f97 (このIDを非表示/違反報告)
No.0なる - pisさん» 返信遅くなって、申し訳ありません 俺もよく考えず聞いてしまいました。 これからも応援してます! (8月31日 17時) (レス) id: 8bef809b57 (このIDを非表示/違反報告)
海音クン(プロフ) - pisさん» いやいや、俺のポンコツスマホのせいですよ。色々やって下さりありがとうございます! (8月28日 16時) (レス) id: b09bb58aa9 (このIDを非表示/違反報告)
pis - 海音クンさん» ご迷惑をおかけします。少々バグってるようなので、早急に対象致します。申し訳ありません… (8月28日 16時) (レス) id: 2698714f97 (このIDを非表示/違反報告)
海音クン(プロフ) - pisさん» まだ非公開ですね、、。Twitterやってる友達に頼んでみます! (8月28日 16時) (レス) id: b09bb58aa9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:pis | 作成日時:2019年7月28日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。