占いツクール
検索窓
今日:406 hit、昨日:50 hit、合計:167,695 hit

-1- ページ3

Aside

久しぶりに夢を見た。ちょっと前に見たあの絵本が原因だろう。

A「朝…。」

俺は今もあの朽ち果てた廃村の崩れた社に居座っていた。
絵本では着色され、神様は長い眠りについたと描写されていたが真実は違う。

A「まだ目覚めぬ。」

俺は本体が封印されている社の奥を見た。
封印されているのになぜ今居るのかって?

真実はこうだ。

あのとき、本体は村人たちによって封印されてしまった。だが、魂だけとなった我が身は宿が無い状態で神の力が暴走し、村人に裏切られた半端な怒りと悲しみで祟り神と化してしまった。
暴走した俺の魂は村人たちを恨み、憎み全てを無に還してしまった。
我に帰った時にはタヒ体が転がっているだけとなった。
とりあえずこのままではまた暴走するかもしれないと危険性があったため村人の一人であった青年に宿っている。それがあの時の真実だ。

A「あの頃から何一つ変わらないな、この体は。」

近くにあった水場に自身を映す。そこには朱色に瞬く両の目に、あの頃から変わらない容姿であった。

人間には心臓が左胸にあると聞いた。ソッと手を置くが何も感じられない。

A「当たり前だな。」

そう、当たり前。この体は遠の昔に滅んでいる。心臓などその時から止まって動くはずがない。例え、『元』神様が宿っていたとしてもだ。
だから、髪の毛も伸びなければ成長することもない。

A「不便は無いから良いものの…。」

人間らしくないところは他にもある。例えば、五感の内2つが欠落していたり、治癒能力が備わっていたりと挙げればそれなりに出てくる。

神は供え物はあれど、それに口をつけることはなかった。味覚がないから。
神は人間に触れることはなかった。触覚がないから。

A「神だった時にあるものだけをこの体でも受け継いだってことだろう。」

手をじぃっと見ていると水場の水が少し跳ねた。まるで踊るように。

A「…神の力も受け継いだ。」

本体が封印された今、力も弱くはなっているが人間ではまずあり得ないことが出来る。

A「いや…、祟り神の力。」

忌み嫌われた、人間にとって害となることをする祟り神。

もし、許されるなら。懺悔出来るのであれば。

A「…我はもう。」

一瞬過った考えを頭を振って消し去る。

A「さぁ、無様に………祟り神らしく生きてやろうでは無いか。」

誰もいない廃村に小さな言葉が木霊した。

-2-→←設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (222 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
656人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

pis - No.0なるさん» こちらこそ、ご不便お掛けしてすみません!大丈夫ですよ、返信ありがとうございます。 (8月31日 22時) (レス) id: 2698714f97 (このIDを非表示/違反報告)
No.0なる - pisさん» 返信遅くなって、申し訳ありません 俺もよく考えず聞いてしまいました。 これからも応援してます! (8月31日 17時) (レス) id: 8bef809b57 (このIDを非表示/違反報告)
海音クン(プロフ) - pisさん» いやいや、俺のポンコツスマホのせいですよ。色々やって下さりありがとうございます! (8月28日 16時) (レス) id: b09bb58aa9 (このIDを非表示/違反報告)
pis - 海音クンさん» ご迷惑をおかけします。少々バグってるようなので、早急に対象致します。申し訳ありません… (8月28日 16時) (レス) id: 2698714f97 (このIDを非表示/違反報告)
海音クン(プロフ) - pisさん» まだ非公開ですね、、。Twitterやってる友達に頼んでみます! (8月28日 16時) (レス) id: b09bb58aa9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:pis | 作成日時:2019年7月28日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。