占いツクール
検索窓
今日:17 hit、昨日:131 hit、合計:243,309 hit

兄が許せないこと ページ12

モブ1「あの……!これ、宮侑先輩に……!!」

貴「はーい」

モブ2「治くんにこれ渡してくれん?」

貴「いいですよ」

モブ3「ごめん宮さん!これ、侑くんの方にお手紙書いたんやけどな、渡す勇気がなくて…」

貴「全然大丈夫やで!渡しとくわ〜」


……


貴「ということで今日の分です」

私はツムとサムにと渡されたお手紙やらお菓子やらなんやらを机にバラッと広げた。


侑「マジでいらん」

治「お菓子だけ貰っとくわ」

貴「じゃ、私晩ご飯の準備するさかいテレビでも見て待っててな」

治「なんか手伝おか?」

貴「んー、今日はパスタだから…簡単だし良いよ!休んどって」

そう言って私はエプロンをつけて台所に立った。

……


今日の晩ご飯はミートソーススパゲティ。

机に広げてあったプレゼントはいつの間にか床に乱雑に固めてあった。

貴「あ!せっかくのプレゼント、床に置いたらダメやん!」

私は運んできたスパゲティの乗った皿を並べながら、机から少し離れたところにあるソファに寛ぐ二人の兄にそう言った。

侑「貰うにせよ貰わんにせよ今は邪魔やった」

貴「どしたん?ツム、今日は特に機嫌悪いなぁ」

ツムだけじゃない。サムも心なしか不機嫌そうに見えた。

貴「食べよ!」

侑「おん…」

治「ん」

とりあえずテーブルにつきいただきますをした

貴「…んで、なんで機嫌悪いん?」

「「……」」

サムはスパゲティを絡めていたフォークを置いてまっすぐと私を見据えた。

治「あんなぁ、A。俺たちは怒ってんねん」

貴「おん」

治「なんでかわかるか?」

貴「なんでかなぁ?わからん」

するとツムが「なんでこんなにもお利口さんなん……?」と頭を抱えた。なんなんやろ。

サムは大きく溜息を一つ

治「俺らはな、お前がただの告白の道具みたいに見られてるんが悔しいんよ」

貴「……ふーん」

侑「いやそこは察してくれや…ただでさえキモい雌豚共からのプレゼントなんていらんのにそれを大切な妹を中継地点みたいに使って送られてんよ!!?耐えられるか我慢ならん!!」

貴「そっか………」

侑「おん」

貴「ただ渡すだけと思いよった……そんなふうには思っとらんかったから。それが嫌やったんやね、ごめんね。」

治「いや、Aが謝ることないで」

侑「だめなんはあの女子共や、許せん…」

愛情→←今度こそ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (245 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
736人がお気に入り
設定キーワード:稲荷崎 , ハイキュー , 宮侑、宮治
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

メロ - 宮兄弟最高です(´TωT`)リクで、北さんがラッキース〇べで夢主ちゃんのお〇ぱいを触っちゃって夢主ちゃんが感じちゃって声が漏れちゃって宮兄弟に聞かれちゃうのお願いします (5月11日 16時) (レス) id: c7e5f12cb9 (このIDを非表示/違反報告)
タケ焼き - す、すみません  下にあるリクエストなしで角名たちといちゃいちゃして宮兄弟に嫉妬かかせてくだせえ (4月26日 0時) (レス) id: b1a2c58828 (このIDを非表示/違反報告)
タケ焼き - リクエストなんすけど 宮兄弟じゃなくて北さんの妹に転生した話が読みたいでゴザイマス  採用されますように(たぶん無理だけど) (4月25日 23時) (レス) id: b1a2c58828 (このIDを非表示/違反報告)
q66(プロフ) - いつも見させてもらってます!言い方がアレですが宮ツインズのセクハラ最高です!笑これからも頑張ってください! (4月15日 1時) (レス) id: a02b952214 (このIDを非表示/違反報告)
これこれ(プロフ) - シロさん» シロさんリクエストありがとうございます!!書かせていただきますね! (4月12日 8時) (レス) id: 32be8c188a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:これこれ | 作成日時:2020年2月11日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。