占いツクール
検索窓
今日:17 hit、昨日:412 hit、合計:41,733 hit

Episode.175 ページ31

「オイ、お前しっかり歩けよ!」



「ああ……それが聞いてくれ……「これ以上歩いたら死んでしまう病」に」



「じゃそこに居ろ」



「待てったら!」






そこに居ろ、とは言いつつもゾロはウソップの足を引っ張っていた、いや引き摺ってるっつった方がいいか




正直俺も一歩も歩きたくねェけれど、ルフィを探さねェといけねェからあの場から離れて探しに来ている






「お」



『あ、居た』






前方にルフィを背負った人がこちらへ近付いて来る




彼も結構怪我をしている、しかし服装的に国王軍でも反乱軍でも無さそうだ……







「……君達は?」



「……アァ、あんたのその背中のやつ運んでくれてありがとう。ウチのなんだ、引き取るよ」



「……では君らかね、ビビをこの国まで連れて来てくれた海賊達とは」



「ア?おっさん誰だ?」






ビビの事と俺らの事を知っている……




王族の人か?




するとビビがやって来て、「パパ!」と叫んでいた。ああなるほど……お父さんか




だから知ってたのか、って待てよ、つまり国王か




怪我はしているが無事だったんだな、それもこれもルフィのお陰か







____
___
__







それから国王は何が起こっていたかを教えてくれた




俺達より壮大な事が起こっていたんだなァ、と改めて思った







「一度は死ぬと覚悟したが、彼に救われたのだ


クロコダイルと戦ったその体で人2人抱えて地上へ飛び出した、信じ難い力だ……」



「……じゃあその¨毒¨ってのはもう良いわけだ」



「……ああ、中和されたハズだ……だが怪我の手当てをせねば……君達もな」



「それよりビビ、早く行けよ」



「え?」



「広場へ戻れ」






ゾロはその場に座り、ビビにそう言った






「そりゃそうだ……折角止まった国の反乱に……王や王女の言葉も無しじゃ……締まらねェもんな」



「……ええ、だったら皆の事も……」



「ビビちゃん分かってんだろ?俺達ァ札付きだよ……国なんてもんに関わる気はねェ……」



『そーそー、それに海賊って聞いたら皆驚いちまうだろ』



「俺は腹が減った」



「勝手に宮殿へ行ってるわ、ヘトヘトなの」








ビビと国王は軽く頷き、広場へと向かって行った




2人の後ろ姿が見えなくなった頃









『(も、限界)』









眠る様に、意識を失った









後に歴史に刻まれる戦いと、決して語られる事の無い戦いが────終結した

Episode.176→←Episode.174



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (118 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
566人がお気に入り
設定キーワード:ONEPIECE , ワンピース , サンジ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 星の桜さん» コメントありがとうございます!もしかして評価のことでしょうか…!10になってて私も驚きましたがとても嬉しいです!星の桜さんの好きな作品の一つとなれて光栄です、これからも頑張ります! (3月6日 9時) (レス) id: e36c2ec4c6 (このIDを非表示/違反報告)
星の桜(プロフ) - きゅ、キュウテンキュウが...10になった?!!え、嬉し...あ...この作品大好きです、めっさ好きです。えっと、更新頑張って下さい!さ、さようなら!! (3月6日 6時) (レス) id: 847ebd8ac8 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 朔さん» コメントありがとうございます!そう言って下さり有り難い限りです…アラバスタ編も休みの間に良いところまで書ければと思っておりますのでこれからも楽しんでもらえるよう頑張っていきます! (12月26日 10時) (レス) id: cc07bd8310 (このIDを非表示/違反報告)
- 続編おめでとうございます!!ちゃんと主人公くんが確立してる感じが大好きです。アラバスタ編も、楽しく読ませて頂きます!応援してますね!! (12月26日 8時) (レス) id: 126e456bd1 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - Chaosさん» コメントありがとうございます!比較的ゆっくりな更新速度ですが休みの日を使ってなるべく更新出来るよう頑張ります、ゆっくり待っていてくれると嬉しいです! (12月19日 17時) (レス) id: cc07bd8310 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年12月16日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。