占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:3,286 hit

53_傘村折心【世界で救われたい】 ページ6

*
「それから…オズ、降りるから」
「…何が?」

零くんは首を傾げて問うた。それを確認して、オズは続ける。

「七夜くんの記憶の改ざんに…そこまで意味は無いんじゃないかって思ったんだよ。
何かされた訳じゃないし。内通者自体の事だって、分かんないのに考えてたってきりがない」

ぐるぐるぐるぐる、答えも分からない問を脳内で繰り広げていたって、仕方ないんだから。

「――だから、もうやめようと思った…いや、既にやめたんだ。色々とね」

オズが喋り終わっても、零くんは暫く黙っていた。

やがて口を開いたかと思えば、「そっか」とだけ呟く。

「ごめんね。それでその…ほら。例の睡眠薬、返すからさ」

そう言って零くんの手に持たせてから、オズは部屋を出た。

零くんには、ちょっと申し訳なかったかな…

暫くぼうっと歩いていると、背後から「オズくん」と声がした。

オズの事を「くん」付けで呼ぶ人なんて、彼しかいない。それが分かってるから、オズも名前を呼び返しながら振り返った。

「エルイくん」

そう言えば、今出会うまで、見かけなかった気がするんだけど…ああいや、昼食の時にはいたっけ。でも、普通に彼が行動している所は見かけていないので、大方部屋に居たんだろう。

オズが思考している内に、エルイくんはオズの方へ歩いてきていた。

「んー…」

そして、オズの目の前で立ち止まり、此方をまじまじと見つめてから笑顔を浮かべた。

「やっぱりオズくんは醜くていいね」
「うーん…第三者が聞いたら確実に誤解するだろうけど…ありがとう」

彼…エルイくんの言う『醜い』とは、『美しい』という意味合いで、褒めてるらしい。だからオズは素直に嬉しいんだけど…やっぱり、そうじゃない子もいるんだろうなぁ。

未だ小さく唸りながらオズを見つめるエルイくんを横目に、ふと、ゆうきくんの事を思い出す。

さっき変な別れ方しちゃったからなぁ。探しに行こうとしてたんだけど…彼のこの様子じゃ、何だか言いづらいや。いや、いつも通りだけどさ。

仕方なしに口を開こうとした時、オズより先にエルイくんが口を開いた。

「あ、そうだった。ボクはちょっとリビングの方に顔を出してこようとしてたんだ」
「リビング?そうなの」

エルイくんは「誰かと色々話したくて。内通者の件とか」と頷いた。

「もう少しオズくんを見ていても良いけど…また今度にしておくよ。じゃあね」

一方的に会話を断ち切って去っていく彼を見送ってから、オズも踵をかえした。

54_宮崎零 【世界を救いたい】→←52_淡紅色紅 【世界で消えたい】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
9人がお気に入り
設定キーワード:募集企画 , 小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(=゚ω゚=)にゃあ - 更新しました。 (3月23日 15時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - 更新します。 (3月23日 14時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
春雨(プロフ) - 更新しました!オズはまだ行く先決まってないので、使って話を進めてもらって構いません! (3月21日 23時) (レス) id: 55d503be78 (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - このまま完結させちゃう?(笑) (3月21日 22時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
雪風@ビヨライ(プロフ) - めっちゃ更新してくださる人が...盛り上がってる... (3月21日 21時) (レス) id: 66f212caef (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:製作者一同 x他5人 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年2月11日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。