占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:3,664 hit

81_傘村折心【世界で救われたい】 ページ37

コンコンッという軽やかなノックの音が何度かした。

セツナちゃんかな…?朝食できたよって、いつもみたいに。

布団から這い出て、ドアまで近寄る。

その間にもノックの音は何度かしていた。

はいはい、そんなに叩かなくたって逃げませんよ。

「はーい、どしたの…って、監視員…?」

首を捻るオズを見下げて、名も知らない監視員は口を開く。

「【世界で救われたい】。正直に言え、リビングの備品を壊したのはお前か?」

…はっ?

あ、そっか。今日リビング来ちゃいけないよって、監視員が来るからだったのか。

ん…?いやでも、見回りまで来るとは聞いてないから、予定にはなかったのか。

「……いや、開口一番に何言ってるの?」

敢えて口に出して言うと、監視員に睨まれた。

「怒らないから正直に言え。備品を壊したのはお前か?」
「正直に…って言われてもねえ…」
「何だと?壊したのはお前か…!?」

途端、腕を掴まれそうになって一歩後退る。

「いや、待って。壊してないよ。そもそも壊れた事実さえたった今知ったんだから」
「……なら、どうしてそんなに慌ただしくする?壊していないならそれだけ言えばいいだろう」

そうかもしれないけどさ…

「一つ言っていい?」

人差し指をぴょこん、とたてて言うと、「何だ?言ってみろ」とお許しが降りた。

「怒らないから正直に〜って言ったって、壊した誰かさんは正直に言わないと思うよ」

当たり前の事だと思うけど。

監視員は目を閉じて「あー…その……なんだ」と口ごもっている。

「…【世界で救われたい】」
「何?」
「…ならどうしろと言う」
「何もキミ一人が監視してるわけじゃないんでしょ?他の監視員に聞けばいいんじゃないの」

正直、備品を壊した程の事で危害を加えられるとも思っていない。
だから言ったんだけど…というか、そもそも本当に此処の子供が壊したとも言い切れないし。

監視員は再び「あー…」と唸ってから、オズを見やった。

「それでは…失礼する」
「ん、お達者で〜」

ぱたん、と扉を閉める。

時間まで本読んだりしてくつろぐ事にした

……んだけど、監視員はあの後あっさり行ったみたいで、結構すぐにリビングに来ていいよって事になった。

折角だから朝食は向こうで誰かと話ながら食べようかな?

昨日持ってきていたパンの入った袋を片手に、リビングへ向かう事にした。

82_宮崎零 【世界を救いたい】→←80_宮崎零 【世界を救いたい】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
8人がお気に入り
設定キーワード:募集企画 , 小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ニャ助(プロフ) - 更新しました。こんなに短くてすみません(><) (5月4日 11時) (レス) id: 636a33148d (このIDを非表示/違反報告)
ニャ助(プロフ) - お久しぶりです!最近更新出来ずすみません…!更新してきます! (5月4日 10時) (レス) id: 636a33148d (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - 更新しました。 (3月23日 15時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - 更新します。 (3月23日 14時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
春雨(プロフ) - 更新しました!オズはまだ行く先決まってないので、使って話を進めてもらって構いません! (3月21日 23時) (レス) id: 55d503be78 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:製作者一同 x他7人 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年2月11日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。