占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:3,664 hit

68_傘村折心【世界で救われたい】 ページ22

「あっ、居た!ゆーき、オズ〜!」

特にあても無いのにゆうきくんと駄弁りながら廊下をぶらついて、恐らく十数分。
前方の角からセツナちゃんが飛び出てきて、大声でオズ達を呼んだ。

此方に向かって大きく手を振るセツナちゃんの髪は、少し遠くからでもみつあみになっているのが分かり、さらに見覚えのない黒いワンピースを身に纏っている事もぱっと見て分かった。

オズとゆうきくんは思わず顔を見合せた後、二人して彼女の方へと駆け寄る。

「せ、セツナさん、どうしたの?」ゆうきくんが問うた。
「うん、お夕飯の時間になったから、皆を呼んでるの」

「そっか」と返しながら、至近距離に来て改めて彼女の風貌をまじまじと見つめる。すると、彼女もすぐにその視線に気がつき、嬉しそうに頬を綻ばせた。

「このワンピースね、零くんがくれたの。みつあみもしてくれたんだよ!可愛い薔薇の髪飾りでしてくれてね」

嬉しそうに饒舌で話すセツナちゃんから、『薔薇の髪飾り』という言葉が出てきて、彼女の結われた黒髪を視線で辿っていくと、確かに薔薇の髪飾りがあった。

「ねえ、こんなに可愛くてキラキラした格好…本当にセツナに似合ってるかな?」
「うん、似合ってるよ。カワイイ」

ほぼ即答だった。ちょっと適当感出ちゃったかな?個人的には、本当に似合ってるとは思う。

少し焦ったけど、目の前の彼女は気にも留めない様子で「良かったぁ」とぴょんっと跳び跳ねた。

そこでゆうきくんがはっとした顔で、「夕食だったんじゃなかった…?」とセツナちゃんに訊ねた。

「あー!そうだった!」
「それじゃ、早く行こうか。洋服の話は夕食の時に、零くんも交えて聞いてみたいかな」

何となくそう言うと、セツナちゃんが「零くんは来ないよ」と一言。

「え、なんで?」
「セツナには分からないけど…かいむーなら知ってるかも!」
「カイムさん?」ゆうきくんがおうむ返しにする。

「うん!かいむーは何だって知ってるんだよ!」

そこまで知ってるかは分からないけど…

「とりあえず行こうか、ゆうきくん」

まあ、知らなくても別にいいんだけどね。なんなら本人から聞けばいいし。

そう思いつつゆうきくんに話を振ると、彼も頷いた。

「セツナは他の人も呼んでから行く」
「うん、分かった」

セツナちゃんと別れて、リビングへと足を進める。実質戻ってるだけだと思うけど。

ぼんやりと思考していると、隣から声が掛かった。

68_続き→←67_天雪 彩芽【世界を愛したい】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
8人がお気に入り
設定キーワード:募集企画 , 小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ニャ助(プロフ) - 更新しました。こんなに短くてすみません(><) (5月4日 11時) (レス) id: 636a33148d (このIDを非表示/違反報告)
ニャ助(プロフ) - お久しぶりです!最近更新出来ずすみません…!更新してきます! (5月4日 10時) (レス) id: 636a33148d (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - 更新しました。 (3月23日 15時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - 更新します。 (3月23日 14時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
春雨(プロフ) - 更新しました!オズはまだ行く先決まってないので、使って話を進めてもらって構いません! (3月21日 23時) (レス) id: 55d503be78 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:製作者一同 x他7人 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年2月11日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。