占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:3 hit、合計:3,226 hit

63_続き ページ17

*

空気の流れが、止まった気がした。

「お、オズさん…?」

ゆうきくんが困惑を隠しきれない様子で、此方を見ている。

「……」

一方、言われた本人…エルイくんは瞠目する事もなく、黙ってオズの顔を見つめている。

「なんてね、冗談だよ。別に本気じゃないから。ただ、そのくらいやめてほしいんだって事、伝えたかっただけ」

そう言うと、エルイくんは困ったように笑った。

「まあ、嘘だろうね」
「あれ、分かるの?」
「ボクは人が嘘を吐く瞬間を何度も見ているからね。なんとなく違うとか、そうだとか分かる事があるんだよ。最も、君はあからさまだったしね」
「その『あからさま』とかいう基準が分からないから何とも言い難いけど…まあいいや」

その時、さっきまでの少々険悪な空気が軽くなっている事に気がつく。

「それじゃ、そろそろ行こうかな。ね、ゆうきくん」
「え?…あ、うん」

話についていけてない感じだったのに、急に声を掛けられたせいかゆうきくんは肩を揺らした。

「じゃ、エルイくん。お願い…いや、『約束』ね」
「…はいはい、守るとは言ってないけどね」呆れたように笑うエルイくん。

そんな彼の様子を見つつ出入口へ近付く。

部屋を出てから、行き先も特に無いのにゆうきくんと並んで歩いた。

「ねえ、そういえば…なんだけど」

少しして、ゆうきくんが口を開いた。

「『約束』って?さっき話してた事?」
「ん?うん」
「えっと…確認するけど、教えてはくれないよね?」
「当然じゃないか。だって、キミに聞かれたくない事だったから、わざわざキミに聞こえないようにしたんでしょ」

オズの言葉に、「そうだよね」と項垂れるゆうきくん。

「大袈裟だなあ。別に大した事じゃないって」
「でも…」
「気になるんだよね?平気平気、すぐ慣れるって」
「いやそういう問題じゃないし…慣れるとも、思えないんだけど」

「そうかな?」と首を傾げながら、こっそり思った。

この実は無駄だけど、どうしようもないくらいに楽しい時間が、ずっと続けばいいのに…ってさ。


…けど、そんな事考える前に、こんな事してるより先に。

もっとちゃんと、考えておくべきだったんだ。

『私の人格消えかけてる』
『それに、あいつ…おかしくなりかけてる』

昼食の前に、零くんが言っていた事。本人は「後から分かる」って、気にしなくてもいいみたいな事を言っていたけれど…

――それでもやっぱり、考えておくべきだったんだよ。

64_淡紅色紅【世界で消えたい】→←63_傘村折心【世界で救われたい】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
9人がお気に入り
設定キーワード:募集企画 , 小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(=゚ω゚=)にゃあ - 更新しました。 (3月23日 15時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - 更新します。 (3月23日 14時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
春雨(プロフ) - 更新しました!オズはまだ行く先決まってないので、使って話を進めてもらって構いません! (3月21日 23時) (レス) id: 55d503be78 (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - このまま完結させちゃう?(笑) (3月21日 22時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
雪風@ビヨライ(プロフ) - めっちゃ更新してくださる人が...盛り上がってる... (3月21日 21時) (レス) id: 66f212caef (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:製作者一同 x他5人 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年2月11日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。