占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:6 hit、合計:3,297 hit

63_傘村折心【世界で救われたい】 ページ16

*
「――"嘘つき"とか言うけど、つまりキミは何が言いたいのかな?」

言いながら、部屋へ足を踏み入れる。その瞬間、二人の視線がオズの方を向いた。

「お、オズさん…?」
「や、ゆうきくん。急に走り去ってごめんね。…それでさ、エルイくん」

戸惑った様子で此方に視線を送ってくるゆうきくん。
そんな彼を落ち着けるように口角を上げて微笑み、それからエルイくんへ視線を移す。

すると彼は、ゆうきくんとは反して、まるで面白い物でも見るかのような眼差しを向けてきた。

「…何かな、オズくん」
「なんでそんなに余裕綽々なのか…なんて、野暮な質問はもはやしようとも思わないけどさ。
今朝から蔓延ってるこの重い空気…それを助長するような発言は、控えた方が良いと思うよ?」

お互いの為にも、と付け加える。

「お互いの為?どうして、それが互いの為になるのかな」
「どうしてって…考えてもみてよ。いつ、誰が、どんな行動を起こすのか。
それは普段から分からないもの。けれど、人は感情に左右される生き物だからね。
その行動が良くない方向に進む可能性が、高くなってしまうんじゃないかな?」

「そうかもね。でも、例えそうだとして、誰からしてもその『行動』が、必ずしも悪いものだと受け取られるとは限らない。…この意味、オズくんには分かるよね」

そう言って、彼は笑う。そんな彼を見つつ「一理あるね」と返しながら、思考する。

エルイくんだもんね。きっと暗くよどんだ雰囲気の方が、人の『醜い』部分が多く見られるとでも考えているんだろう。

「うん、やっぱりオズくんになら伝わるよね」
「そうだね。…けどさぁ、もう一ついい?」

そう切り出すと、エルイくんは笑みはそのままに首を傾げつつ、「どうぞ?」と一言。

「ありがとうね。…これは、完全にオズ個人の思想…というか、お願いでもあるんだけどさ」

そこで区切って、エルイくんに近寄る。背伸びして、彼の耳元で囁いた。

「――あんまり、彼をいじめないでほしいな」

そう言うと、エルイくんからずっと湛えていた笑みが失せた。でも、それは本当に一瞬の事で。

「あははっ、そっかぁ」
「うん、まあ…『ほしい』、というか。絶対、なんだけどね」

エルイくんはこれまで以上に、大きな声で笑っている。何が面白いのか、分からないけれど。

「心外だなぁ…因みに、その『絶対』の『お願い』を無視したら?」

笑いも落ち着いた時、エルイくんがふと聞いた。

「そうだね。その時は、キミの事…」

再び笑みを浮かべて、でも目元は緩めずに、言い切った。



「―――殺しちゃうかもね」

63_続き→←62_宮崎零 【世界を救いたい】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
9人がお気に入り
設定キーワード:募集企画 , 小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(=゚ω゚=)にゃあ - 更新しました。 (3月23日 15時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - 更新します。 (3月23日 14時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
春雨(プロフ) - 更新しました!オズはまだ行く先決まってないので、使って話を進めてもらって構いません! (3月21日 23時) (レス) id: 55d503be78 (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - このまま完結させちゃう?(笑) (3月21日 22時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
雪風@ビヨライ(プロフ) - めっちゃ更新してくださる人が...盛り上がってる... (3月21日 21時) (レス) id: 66f212caef (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:製作者一同 x他5人 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年2月11日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。