占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:109 hit、合計:423,435 hit

6-5▽ ページ38

「えぇ!?あの人数に勝ったの……!?」

「うん、何人か逃がしちゃったけど」


尾白くんと歩きながら、先程の事について話していた。

そういえば尾白くんの個性は尻尾だったっけ。私は猫だから、猫の尻尾が生えている。
もしかしてクラス唯一の尻尾仲間では?私は尾白くんのように尻尾を武器にすることは出来ないから、全く似てはないけれど。


「猫宮さんが戦ってるとこ、ちょっと見たかったな……」


いや、もしあの場に尾白くんが居たら敵に警戒されていた。それにあんな戦い方だ、彼はきっと止めるだろう。
焦凍にも言い難いし、言ったら怒られるの分かっている。


「それで猫宮さん……これ、何処に向かってる?」

「?えぇと……中央の、とこ」

「…………」


私の斜め後ろを歩いていた尾白くんは、ついに足を止めた。

きょろりと周りを確認する。まだ此処は火災ゾーンだ。目の前の建物に見覚えがある。……もしかして火災ゾーンを一周ぐるりと歩いていた?


「俺、前歩くね……」

「……ごめんなさい」


やはり自分一人では目的地に辿り着けないらしい。

尾白くんは私の方向音痴っぷりに呆れながらも、「轟がずっと猫宮さんと一緒に居るの、分かる気がする」なんて言って笑っていた。


大人しく尾白くんの後ろを歩いていると、中央の広場が見えた。まだ敵と戦っているみたいだ。


「今回はゲームオーバーだ。帰ろっか」


手がいっぱいの人の声を聞いた。違う方向からは梅雨ちゃんやデクくん、もぎもぎの人の声もする。……相澤先生が心配だが、生徒は無事そうだ。

水難ゾーン……梅雨ちゃんは有利な地形に飛ばされたのか。やはり相手に個性までは知られていないようだ。


「けどもその前に、平和の象徴としての矜持を少しでも」


手がいっぱいの人……


「へし折って帰ろう!」
「!!」


気付いたら、全速力で走り出していた。

苦手な水が近いことも、手がいっぱいの人の殺意も、側に焦凍が居ないことも、何も頭になかった。ただ、ただ梅雨ちゃんを助けたくて、守りたくて、…………。


ひたりと手で顔を包まれた。けれど、何も起こらなかった。


「……本っ当かっこいいぜ。イレイザーヘッド」

(あいざわ先生……っ!)


ほろりと一粒、涙が落ちた。

怖い、怖い怖い怖い……!何で私は飛び出した!?策なんて何もない!相手のことも知らないのに、何で……!?


「……あーあ、怯えちゃって。いいなァ、猫。飼ってみたいな……猫宮A」


男と、目が合った。

6-6▽→←6-4▽



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (197 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
620人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , 轟焦凍 , 爆豪勝己
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

こたつゆず(プロフ) - 絵上手すぎです!!尊敬します!!私下手くそすぎてやばいので教えて貰いたいくらいです!! 師匠と呼んでいいですか? (10月7日 20時) (レス) id: 3780c963fa (このIDを非表示/違反報告)
影猫(プロフ) - 花さん» お褒めの言葉ありがとうございます……!嬉しいです(*´ω`*)トプ画も一応考えていたんですけど、あっという間に続編に……イラスト更新と本編の更新は別々になりそうです。トプ画の件も考えておきます、貴重なご意見ありがとうございます! (4月30日 0時) (レス) id: 3f1a8429d6 (このIDを非表示/違反報告)
- 絵、上手ですね!こういう感じの絵って大好きです!タイトル(?)の所に画像載せれるんですけど、描かないんですか?私はいいと思いますけど…時間があるときに考えて頂ければ幸いです!どうかご検討お願いします。長文失礼しました!((更新頑張って! (4月28日 22時) (レス) id: 3fabea4b64 (このIDを非表示/違反報告)
影猫(プロフ) - 鈴木美妃さん» コメントありがとうございます。申し訳ございませんが、現在夢絵のリクエストは受け付けておりません。もう少し描き慣れて、時間が余っていましたらご連絡しますm(_ _)m (4月18日 19時) (レス) id: 3f1a8429d6 (このIDを非表示/違反報告)
影猫(プロフ) - ひなさん» コメントありがとうございます。申し訳ございませんが、現在夢絵のリクエストは受け付けておりません。もう少し描き慣れて、時間が余っていましたらご連絡しますm(_ _)m (4月18日 19時) (レス) id: 3f1a8429d6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:影猫 | 作成日時:2018年4月7日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。