検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:6,895 hit
籠鳥


【読み方】ろうちょう

【意味】籠に飼われている鳥。





籠鳥


【読み方】かごのとり

【意味】娼妓のことをいふ。自由に廓外に出ることが出来ないから。又一般にも用ふ。
娼妓のことをいふ。一般にも外出の自由にならない者のことをいふ。
遊廓の娼妓は年期があつて、自由に外出を許されなかつた。丁度篭の中に飼はれてゐる小鳥のやうに、張見世の格子の中に座つてゐるので斯く称ばれる。娼妓のこと。
娼妓。身が自由にならなかつたことより形容。









・・・・・

○霧嶋絢都・旧多二福・金木研(佐々木琲世)贔屓逆ハー(愛され)
○原作+オリジナル(御都合主義)執筆状態:連載中




おもしろ度の評価
  • Currently 9.17/10

点数: 9.2/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
17人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:女王蜂 | 作成日時:2018年5月5日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。