占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:0 hit、合計:22,718 hit

神様 ページ15

気づいたら教会に来てた。
外は眩しいくらいなのに、中はステンドグラスから零れる僅かな光だけがわたしを照らしている

来たのはいいけどヒマだ、わたしは兄の朗読以外で本は
読みたくない

教会にいるし前に読んだシスターのマネでもするか

…懺悔します、神様

わたしはそれっぽく手を組んで言った

『わたしはただ、遊んで欲しかったのです
わたしがいけなかったのでしょうか…?』


…なんの反応もない。あったら逆に怖いけどね


『何がダメだったのでしょう。
どこからが間違いだったのですか。
彼らと関わったこと?
ここ(流星街)に捨てられたこと?
それとも…わたしが生まれたことから間違っていたのですか。あぁ神様…。わたしの神様。いるなら罰を…。
わたしはどうしたら…?』


懺悔(ほぼ本のパクリ)したら心做しか胸が軽くなったような気がする。問題は何も解決してないけどね

とりあえず今日はここで寝よ。
きっと神様も今日だけは許してくれるはず


『神様…今日だけは共にあることをお許しください…』

「ダメだ」

『キ"ャーーーッ!!なになになに…?』


突然バッとドアが開いたと思ったらダメって言われた
ま、眩しくて顔が見えない…


「帰るぞ飯だ、パクたちが腹空かせて待ってる」

『お兄ちゃん…?』
「神だ」
『ぇ…聞いてたの?』
「神だ、お前の。お前だけの」
『わたしの?』
「あぁ」
『…そっか!』


兄と一緒にホームに帰る。
事情をフェイたちから聞いてたみたいで
帰ったら仲直りしなさい、だって


『でもでも、フェイはわたしと遊びたくないって…
だから、おあいこだもん!』

「わかったよ…」


兄は苦笑いして少し早く歩いた。
わかる、これ以上女子たちを待たせたら怖いもんね!

ーーーーーーーーーー

「フェイ」


チビを迎えに行くと言ってホームを出てったクロロが
いつの間にか目の前にいた。パクたちは待ちくたびれてもうメシを食べている

本を閉じてクロロと彼の背に隠れてるAを見る


「なんね」

「ほら、A」


ぐいっとクロロに腕を掴まれて引っ張りだされ
強制的に前に出たAはぎこちない笑みを浮かべなが
ら何かをワタシに差し出した。なんだと見ればワタシの
好きな拷問について書かれていた本を持っていた


「で?」

『…その、さっきは…
自分勝手なこと言って…ごめんなさい』

「ワタシも、すまなかたよ」


そう言って本を奪い盗る。
なんか横にいたフィンがニヤついてたから
一発ぶん殴っておいた

雨の日、←神様



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (48 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
117人がお気に入り
設定キーワード:HUNTER×HUNTER , クロロ , 幻影旅団
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Happy - こちらこそ読ませてもらいありがとうございます!友達になってください!←突然の告白すいません# (2月28日 21時) (レス) id: 18d4b5c1de (このIDを非表示/違反報告)
クロ(プロフ) - Happyさんコメントありがとうございます!楽しんでいただけてとっても嬉しいです!! (2月28日 1時) (レス) id: e7d4e3eb80 (このIDを非表示/違反報告)
Happy - 点数10ってすごいですね!とってもおもしろかったです。なんか笑えて泣けるストーリーでした。 (2月27日 20時) (レス) id: 18d4b5c1de (このIDを非表示/違反報告)
蒼の戦姫ナキサ(プロフ) - クロさん» わー!?うれしいです!!お互い頑張りましょう…!! (2月11日 21時) (レス) id: 60b43feb3a (このIDを非表示/違反報告)
クロ(プロフ) - コメありがとうございます!わたしも蒼の戦姫ナキサさんのクロロ夢楽しませてもらってます、更新待ってます! (2月7日 13時) (レス) id: e7d4e3eb80 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:クロ | 作成日時:2019年10月27日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。