占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:47 hit、合計:32,060 hit

I know. ページ22

「では、まだ案内していない所を案内しますね。」




総統室から出た後、案内人にそう言われなすがままついていく。

今日は仕事ではなく案内が主になるらしい。そこまで広いのかと思うが実際とても広かった。


でも、朝のことや総統様のことの件により、その内容は頭に入ってこなくてあまり覚えていない。


今日はなんなんだ。何か忘れていたことがあったはずだ。

いや、わからない。わからない。知らない。知るはずない。


そう、頭の中で繰り返す。





「あちらが訓練場です。外交官の仕事上常に使われることはないのですが、護身術程度は必要なので月に何回か集団でここを使用する時があるので覚えておいてください。

あ、もちろん個人練習の時間もありますのでその時はぜひご利用してもよろしいですよ。」





訓練場、か。

私はその名前を聞いて顔を上げた。

誰かがいつも個人練をしていたような……そんな気がした。


訓練をしている1人1人の顔を無意識のうちに眺める。






「…A様?」




案内人がいつまで経っても返事をしない私に話しかけてくる。

返事をしなきゃと思うのに目線は訓練場のままだった。




「…!」




その人を見つけた瞬間、心臓が高鳴った。

太陽に反射してキラキラしている茶髪。何者にも染まらない深緑の瞳。

私はずっと、その人を探していたんだと本能が言っている。





「ごめんなさい、ちょっと訓練場に行かせてください。」





「え、ちょ、A様!?」





耐えきれず私はそう言い走って訓練場へ行く。

私は彼を、知っている。

love→←I know…?



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (94 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
297人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , zm , 実況者
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

凛桜ぽん(プロフ) - 芝生。さん» 読んでくださりありがとうございます!ちょくちょく更新となりますがanotherも楽しみに見てくれたら幸いです!こちらこそありがとうございました! (8月6日 21時) (レス) id: 8b759a8a6d (このIDを非表示/違反報告)
芝生。(プロフ) - 随分前から読ませていただいてました!とても面白かったですー。ありがとうございました! (8月6日 21時) (レス) id: af6c8801d7 (このIDを非表示/違反報告)
しゃりこw(プロフ) - 凛桜ぽんさん» 本当ですか!ありがとうございます。全然時間が空いてもらって構いません。無理しない程度に通常の更新も、メリバの方もよろしくお願いします! (7月30日 22時) (レス) id: 6e0192e497 (このIDを非表示/違反報告)
凛桜ぽん(プロフ) - しゃりこwさん» 投票ありがとうございます!言われたら書くしかないじゃないですかぁ!(サクシャは嬉しそう)部活などで忙しいので時間は置く可能性はありますが+αという形でございますが書かせて頂きます、わざわざ丁寧なコメントありがとうございました!精一杯書かせて頂きます! (7月29日 23時) (レス) id: 8b759a8a6d (このIDを非表示/違反報告)
しゃりこw(プロフ) - コメント失礼します。メリーバッドエンド投票しましたしゃりこwと申します。作者様の負担をかけ過ぎず書けそうであれば+αでメリバ書いてくだされたら本当に嬉しいです。よければ検討お願いします!無視してくださっても構いません。 (7月29日 15時) (レス) id: 6e0192e497 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:凛桜ぽん | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2018年7月17日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。