占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:3,300 hit
ゆっくり、自分のペースで。

そうしないと、疲れてしまうから。

囁かれたその言葉は、私を一喜一憂させて嘲笑う。









勇気を持って飛び出せ、若人。

今なら、何度でもやり直せるのだから。









君との大事な思い出が死んでしまったのなら、剥製にして残そう。

大事な大事な、思い出を作る一生に一度を楽しむために。









さあ、笑って告げようか。


♢♢♢♢♢
影都と申します。


ごちゃまぜなアニメ・ゲーム短編集です。

少し長かったり短かったりと、自由に書いていきます。






傾向的に、暗いお話が多いと思われますので苦手な方は見ることをお勧めしません。

また、私自身が書いている長編からの主人公がでてくるときもあります。
オリジナルがあるときも。





明るくて楽しい話を書くことが目標です。
好きなものを好きなだけ、百パーセント自己満足で書きます。


では、どうぞ。執筆状態:連載中
























おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
6人がお気に入り
設定キーワード:アニメ , 短編集 , ゲーム
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2017年6月4日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。