占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:5,110 hit

ページ9

あ「Aちゃんやすまぁせてぁげないのぉ?」

5分ぐらいしかやってなくね?何なの五分やったら十分休む的な奴なの?

「え……じゃあ、休もっか?」

あ「やったねぇーぁ、これゎたしがぁ、作ったクッキーでぇーす」

な ん だ あ れ

りったんの作ったような色してるよ

ダークマターだよ

皆ドン引きだよ

あ「つぅーかさくぅん食べて♥」

いい奴だったな…かさくん、、お前が死んでも俺忘れないから(遠い目)

司「え、あ」

▼司は、皆に助けを求めている

▼レオは、インスピレーションが湧いてそれどころじゃない

▼嵐は…見ないふりをした

▼凜月は、( ˘ω˘ ) スヤァ…をした

▼Aは、(* • ω • )bガンバをした

▼泉は、知らないふりをした

司「(。>﹏<。)いた、、だきま、、、す」

▼司は、泣きながら食べた

▼司に1000のダメージ

▼司は、死んだ

「かさくぅぅうううん・゜・(ノД`)・゜・。」

「お前のことは、忘れないy「殺さないでください」あ、生きてた」

司「…お花畑が、見えました」

それ、見ちゃダメなやつじゃね?…食べなくてよかった…りったんのやつは、色がヤバイだけで味は最高だもんね

「休憩終了…次はあ、王さま!消えようとしないで!」

レ「インスピレーションが!!世界の宝が!!行かせてくれ!最高の作品が、出来そうなんだ」

「え、(;−ω−)ウーン…じゃあ、行っていいよ」

レ「愛してる♪…それじゃあなぁー」

「王さま居なくなちゃったし…どーしよっかな?」

あ「じゃあ、もぅなしでぇいいんじゃぁなぃかなぁ?」

(°言°)ハァ?…この人何言ってんだ、レッスン無しとか、ありえないし

嵐「Aちゃんちょっと、いいかしら」

「なに?お姉ちゃん」

嵐「私ここがよくわからないんだけど…教えてくれるかしらぁ」

「いいよー、じゃあ個人レッスンで、いいかな」

泉「わかった」

「お姉ちゃんここはね…ステップを踏みながら…ターンで、後ろにいるりったんと前後の交代」

嵐「わかったわ!やって見るから見ててちょうだい」

「(๑•̀ᄆ•́ฅラジャー!!」

泉「Aかわ…可愛い!こっちに目線お願い」

「キモ」

泉「ツンデレなとこも良いよ!」

あ「Aちゃぁ〜んもうちょっとぉ、泉先輩にぃ優しくしなきゃぁダメだぞぉ〜」

うっぜぇぇえええ…え‍?ウザすぎなんですけどぉおおおお‍?

**********
字が足らん

9→←7



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
16人がお気に入り
設定キーワード:あんスタ , Ra;*bits
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

恋雪* - くっそ、悪女くっそ、悪女側のやつくっそ。夢主ちゃん側皆最高。 ということで更新頑張ってください! (2017年3月16日 15時) (レス) id: eaf91ea410 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:青葉 | 作者ホームページ:http://nazuna  
作成日時:2016年4月27日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。