占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:27 hit、合計:19,517 hit

16-4 ページ47

「あんたのこと、バカだバカだとは思ってたけど、まさかこれほどの……」
「もうちょっと助走距離があればいけたんだよ」
「そんなわけねー」

一分後。
2本目のハイポーションを咥えて拗ねるキリトの傍らで、リズベットがぼそりと呟く。

私も心のなかで完全に同意しつつ、ともかく、と口を開いた。

「…………こう暗くなっちゃったら、これ以上なにか試すのは危険だと思う」
「だな。今日はここで野営しよう。幸い、この穴にはモンスターは湧出(ポップ)しないみたいだし」
「そうね。それしかないわね……」
「よし、そうと決まれば、っと」

キリトは飲み干した瓶をポーチに放り込み、
ウィンドウを出すとさっと指を走らせ、次々とオブジェクト化する。

大きな野営用ランタン。手鍋。マグカップ。

「あんた、いつもこんなの持ち歩いてるの……?」
「ダンジョンで夜明かしは日常茶飯事だからな。っとA、今日の食材は出してもらってもいいか?」
「…………うん」

近くに野営用のベッドロールを広げていた私は、キリトの呼び掛けに頷いて、資材が入っている小袋を幾つか具現化した。

ひょいっと放ると、難なくキャッチする。

「サンキュ、A」
「………………そろそろ私のストックも切れそう。調達しないとダメかも」
「うっ、そうか、それはマズイな……」

呻きつつランタンをクリック。
ぼっという音がして、明るいオレンジ色の光が辺りを照らし出した。

ランタンの上に小さな手鍋を置き、キリトは雪の塊を拾い上げて適当に放り込む。
さらに小袋の中身をぱぱっと開けて、蓋をして鍋をダブルクリックしたら、料理待ち時間のウィンドウが浮き上がった。

「…………座ったら?」
「あ、う、うん」

本当に、こういう野営に耐性がなさそうで、
立ち尽くしたままのリズベットを促して腰をおろす。

すぐにハーブのような芳香が鼻をくすぐりはじめ、しばらくするとポーンという効果音とともにタイマーが消えた。

キリトは鍋を取り上げて、中身を人数分のマグカップに注ぐ。

「料理スキルゼロだから味は期待するなよ」
「ありがと……」
「…………いただきます」

受け取り、しばし無言で味わっていると、リズベットがしみじみと呟いた。

「なんか、変な感じ。現実じゃないみたい……こんな初めてくる場所で、初めて会った人たちと、並んでご飯食べてるなんてさ」

16-5→←16-3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (55 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
103人がお気に入り
設定キーワード:SAO , 女主人公×キリト ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Kizuna(プロフ) - アリスさん、コメントありがとうございます!!!ヘ(≧▽≦ヘ)♪ そう言って頂けるととても嬉しいです…!前回更新からだいぶ長いこと時間があいてしまいましたが、またちょこちょこ書いていきますので、よろしくお願いします(*≧∀≦*) (1月19日 14時) (レス) id: 62524f433b (このIDを非表示/違反報告)
アリス - コメント失礼します!すごく面白いです!自分はキリトめっちゃ好きだから、すごい見てて楽しいです。これからも頑張ってください^ - ^ (12月29日 23時) (レス) id: 9df0db5adb (このIDを非表示/違反報告)
Kizuna(プロフ) - わあっ、コメントありがとうございます!ヘ(≧▽≦ヘ)♪ふむふむ、なるほど……確かに他のキャラとの関係性とか、あまり出せていませんでした。オリジナル路線も…(/o\) ご指摘ありがとうございます! 出せるように頑張りますね……! ヘ(≧▽≦ヘ)♪ (10月11日 1時) (レス) id: 62524f433b (このIDを非表示/違反報告)
ホロウジャスティス(プロフ) - とても面白いです! 文章も読みやすくてすらすら読めます! でも原作をなぞるだけじゃなくてもっと大胆にストーリーを変えたり、他のキャラとの関係をもっと明確にしたり… そういう所をもっとつめるとさらに面白くなると思います!頑張ってください! (10月10日 19時) (携帯から) (レス) id: 28b23cdb96 (このIDを非表示/違反報告)
Kizuna(プロフ) - コメントありがとうございます!!! 影設定がむしろいいなんて嬉しい……(*/□\*) 最近リアルが忙しくてなかなか更新できずにいますが、こりずにちょこちょこ書き足しますので、どうぞよろしくお願いします(><*)ノ~~~~~ (2017年6月5日 2時) (レス) id: 62524f433b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Kizuna | 作成日時:2017年4月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。