占いツクール
検索窓

.



ガラーン…ガラーン……


時計塔の鐘が、午前0時を告げる。



.


.




「お前が、そうか…。」



夜の闇に光る紅い瞳。


悪戯っぽく笑う彼の姿は、まるで…。





「……っ…。」



.



悪魔のように、美しかった。



.

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

どうも!作者のミサぽんです。


またまた新しく、作品を作ってしまいました;

書いては消しての繰り返しで、本当にすみません…スランプ気味ですが、精一杯頑張ります!

温かい目で見守ってください;

2018年11月29日.追記
この度、此方の作品は【小説家になろう】というサイトでも、更新をしていこうかと思っております。
内容も、此方に掲載している内容とは少し変えております。ネタバレになってしまう為、此方の方の作品は二作とも暫く非公開とします。温かい目で見守ってくださいっ!

本作品にはパスワードがかかっています。
パスワードを入力して作品を閲覧して下さい。
パスワードが不明の場合は作者の方にお問い合わせ下さい。
 パスワード:  
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミサぽん | 作者ホームページ:ないです  
作成日時:2018年2月12日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。