占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:160 hit
お嬢様高校生である五月麗花(さつき れいか)と、麗花と同じクラスメイトの七瀬楓(ななせ かえで)。

楓は麗花に片想いしている。
不在着信の時のピーっていう音のあとに
楓が想いを伝える!!
私、五月麗花(さつきれいか)は女性好きの17歳の高校生よ。そして大手企業・五月グループのお嬢様。でもいづれ男性と結婚しなきゃならない。私は女性と結婚したいのよ…。。

「お嬢様、大丈夫ですか?」
「え?あ、大丈夫よ。考え事をしていたのよ」
「そうでしたか。私で宜しければお聞きしますが」
「…私を娶(めと)ってくれる女性はいないのかと思って」
「お嬢様のような素敵な方を娶(めと)らない女性などおりませんよ」
「そうかしら。不安だわ」
「大丈夫です。私が保証いたします」

私専属で付いている執事。この者も女性なのよね。あなたは私を娶(めと)ってくれないのかしら。まぁこの者は男性しか興味が無いのだけど。

「本当かしら…」

その時、私のスマホが鳴った。画面には私と同じクラスメイトの七瀬楓(ななせかえで)の文字。執事に楓のことを話しているうちに電話が切れてしまった。と思ったのだけど、不在着信の際に流れる音が鳴ったの。録音ね。

「もしもし、楓だよ。突然の電話でごめんね。実は伝えたいことがあって…聞いてくれたら嬉しいな」

楓が私に伝えたいこと…?
何かしら。

「私、麗花のことが好き。恋愛のほうね」

えっ?
執事と顔を合わせる。
楓は一体何を言っているの?

「麗花がお嬢様だからじゃなくて…その、麗花を一人の女性として見ているよ。なぜか麗花を見ると、胸がドキドキして、呼吸ができない。いつでも凛としていてカッコよくて、でもたまにおっちょこちょいなところが出て。私はそんな麗花を私の一番近くで見ていたいって思った。私だけの麗花にしたいって思ったの。だから…」

楓…そうだったのね、私を一人の女性として見てくれて嬉しいわ。

「だから…その…私のものに、なってくれないかな?…今すぐとは言わないよ。私の事をもっと知ってからでもいい。なんなら友達からでもいい。麗花の返事が聞きたいな。…ごめんね、こんな話をして。じゃあ、また明日、学校で会おうね。おやすみ。」

告白されるのは初めてではないのだけれど、何でしょう、照れるわね。
麗花がこんなにも私の事を想ってくれていたなんて。

「お嬢様、良かったですね。私の申し上げた通りでした(笑)」
「…そうね。さて、私を楓のものにしてもらおうかしら」
「えぇ。私はお二方を応援いたします」
「ありがとう。今日はもういいわ、あなたも休みなさい」
「かしこまりました。おやすみなさいませ」

執事を下がらせ、私は眠りについた。
楓、ありがとう。
私も思ったの。



―――貴女を私のものにしたいってね。

ホムペを作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 5.5/10 (2 票)

このホムペをお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
設定キーワード:お嬢様 , , 片想い , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成

作者名:さくや@執事・メイド | 作成日時:2019年3月21日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。