占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:2 hit、合計:372 hit
ユメサキ…女性執事。日本人。
シルヴィ…女性執事かつヴァンパイア。外国人

ひまり様……成瀬姫莉(なるせ ひまり)、お嬢様。
ユメサキ「もうこんな時間…。早く寝なきゃ…」

シルヴィ「ユメサキさん。」

ユメサキ「あぁ。シルヴィさん。どうしたんです?」

シルヴィ「ちょっと血を吸いたいの」

ユメサキ「えっ?私のですか?」

シルヴィ「そうよ。あなた、さっき、ひまり様のお世話をしていたでしょう?」

ユメサキ「はい。それが……?」

シルヴィ「あなたが誰のものか分かってないようだから、教えてあげますよ」

ユメサキ「私が誰のものか?…私はひまり様のもののはず……」

シルヴィ「いえ?違います。あなたは…」
(ユメサキの元へ寄り、耳元に顔を近づける)

シルヴィ「私、シルヴィのものです」

ユメサキ「っ!?シルヴィさん、冗談は辞めてください……んっ!!」
(シルヴィがユメサキの首筋にキス。)

ユメサキ「シルヴィ…さん…」

シルヴィ「ふふ、キスされましたね。これで分かりましたか?あなたは私のもの、ということが。」

ユメサキ「わ、私は…ひまり様の……」
(シルヴィがユメサキの首筋を吸血)

ユメサキ「っ!?アッ!し、シルヴィ…さ、ん、……」

シルヴィ「(血を飲む)っはぁ……。おかしいですね。私ではない方の名前が、あなたのその愚かな口から出るなんて。さすがですね。あなたの血は私の好みの味です。」

ユメサキ「そ、そんな…(フラフラになる)」

シルヴィ「(ユメサキを支える)あらあら、私に吸血されてフラフラになってますね。あぁあ、こんな姿でもあなたは可愛いですねぇ。あなたをひまり様に渡したくありません。さぁ、言ってください?私のものだって。」

ユメサキ「………わ、私は…シルヴィさんの……も、もの……で…す……」

シルヴィ「うふふ。そうです。あなたは私のもの。決してひまり様のものではありません。ですからユメサキさん。私の傍を離れてはいけませんよ。ひまり様に近づくのも許しませんからね。あなたをひまり様が見つけないよう、私の後ろに付いてください。わかりましたか?」

ユメサキ「は、はい。シルヴィさん。私はシルヴィさんの…もの、です、から…(寝る)」

シルヴィ「あぁ、もう寝る時間ですね。(ユメサキの髪を撫でながら)おやすみなさい、私の可愛いペットちゃん…うふふ。」

ホムペを作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.8/10 (10 票)

このホムペをお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
設定キーワード:執事 , 百合 , 吸血鬼 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成

作者名:咲玖弥@蒼空 | 作成日時:2018年9月22日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。