検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:307 hit


*

*



第一章

1‐1
まず大前提として、此れは『ヨハネの黙示録』に肖って記したものとする

1‐2
そして此れは親愛なる諸君らの物であって、他言無用決して他の者に見せてはならない


1‐3
以下の前提を踏まえた上で、私_アダム・ワース_は未来ある諸君らに此れを託す


※Wikipedia『ヨハネの黙示録』から一部少し引用





 初めまして、こんにちはこんばんは。主催のカメレオンです。
 今回の募集企画は、初めて《イラストAC》で私が作った画像を配布させて頂きました。利用規約にも全て確認した上での配布になりますが、これはダメと感じた方がいらっしゃれば直ぐ教えて下さると嬉しいです……

 企画内容は『 怪盗 × 組織 × 殺.人 × 能力 』の三要素が含まれるかと思います。また、本企画は3L企画です。BL・GL表現が含まれるかと思いますので苦手な方はご遠慮願います。
*

*
○世界観


十八世紀末 英国ロンドンの美術展にて
”英国社交界の華”
デヴォンシャー公爵夫人ジョージアナを描いた傑作が、何者かにより突如窃盗される

下手人の糸を手繰り寄せ、なんと驚異の4世紀後…
ピンカートン探偵社によって、遂に肖像画は発見された


窃盗犯は後に「犯罪界のナポレオン」の異名を付けられ
類稀の手口と予想に反する真摯な行動で、世界に名を馳せる事となる___




現代

向上し進んだ科学技術の世界の影でひっそり生きていた
『アダム直属の弟子』となる彼らは、ある一冊を受け継ぐ
”怪盗紳士の黙示録”
「犯罪会のナポレオン」改め、アダム・ワースの生涯で盗み切れなかった財宝の在処と後悔を述べたもの

奪われた秘宝『ジョージアナの絵画』を取り戻すべく、今日も怪盗は奮闘する


狙われた絵画が収められているのは、この世で最も頭が良い者が集まる所
ピンカートン探偵社の末裔だろうと噂される組織で
『ジョージアナの絵画』の警護と共に、彼等にもある目的があった

”怪盗紳士の黙示録”の滅却

黙示録が怪盗と共に散れば、『ジョージアの絵画』奪還はおろか普通の仕事も難しい



怪盗の目的、それは『ジョージアの絵画奪還と師の後悔を晴らすこと』
組織の目的、それは『”怪盗紳士の黙示録”の滅却と共に怪盗類の消滅』

両者の睨み合いは世紀をも超えている



…え?『馬鹿馬鹿しい』?何を今更。

「「馬鹿って言った方が馬鹿なのよ、馬ァ鹿」」




○用語集

舞台
 └現代の世界と全くもって同じ。ただ現代社会と違うのは『能力』を携えるものが現れたという事。科学技術の発達した社会において、人間たちがいつも通り過ごしている。ここ最近では世界中で『窃盗事件』が横行しており、証言者によれば盗んだ人はかなりの運動能力を持っているのだそう。

『デヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ』
 └スペンサー家で、デヴォンシャー侯爵の妻であったジョージアナの絵画。”英国社交界の華”である彼女の絵は、当時も現在も非常に人気の高い絵画である。

アダム・ワース
 └別名「犯罪界のナポレオン」。十八世紀末『デヴォンシャー侯爵夫人ジョージアナ』の絵を盗んだとして、世界中に指名手配をされるものの生涯死.ぬまで捕まることはなかった。数にして二十五年。その間ずっと持ち歩いていた絵は、彼の死の直前に返還された。その際、彼は職員にこう呟く___このご婦人は家に帰るべきだと思うんだが、どうかね___。紳士な態度と欲望に誠に忠実な性格。実は絵を手放すことを異常に惜しんだため”怪盗紳士の黙示録”を弟子たちに残し、この世を去ったとされる。

”怪盗紳士の黙示録”
 └アダムが生前に弟子たちへ残したとされる黙示録。『黙示録』と呼んでいるのは彼がそうしたかっただけであり、深い根拠はない。ただ、これまでの細かな手段が記されており、現代に生きる怪盗たちに新たな技を学ばせてくれる一つ。それだけでなく、アダムが盗み切れなかった宝石・絵画などを盗んでほしいという願望であったり、邪魔されて盗めなかったなどの後悔が殴り書きにされている部分もある。一番の見どころは、アダムが返還した『ジョージアナの絵画』への思い語り。ただ、この本の存在を知るのは限られた人間の間で噂になっているだけであり、中身の内容は怪盗たちしか知らない。


組織
 └十八世紀末に名を馳せた『ピンカートン探偵社』が解散後に再結成したとされる、表社会では名を馳せなかった部隊。黙示録消滅後の民衆の幸せを願う者もいれば、怪盗への復讐心に燃え滾らせている者も多い。行動派が多いことは変わらないが、中でもそのトップ10人は頭が良く切れて主な指揮は彼らが採る。組織の目的は『”怪盗紳士の黙示録”の滅却と共に怪盗類の絶滅』。とある有名な探偵社の現像がなくなる前に『ジョージアナの絵画』の警護を頼まれ、その日から今までずっと警護を続けている。最近の盗み事件に過去の『ジョージアナの絵画』と似たような事件の匂いがしており、気を引き締めて活動中である。

怪盗
 └アダム・ワースの弟子たち。基本運動神経が良ければだれでも歓迎で、能力に目覚めた者が成果を上げることが多い。中でも5人は直属の弟子であり、トップは彼らが張っている。アダム著作の”怪盗紳士の黙示録”を受け継ぎ、最終的に『もう一度この手に…』というところで書記が終わっているそれを、怪盗たちは亡き師の願望を叶えようとしている。半年に一度、怪盗が米国ワシントンに集まり『アルセーヌ』と呼ばれる会合を開く。そこで報告会をするのだが、同時に次に目的とする宝石・絵画の名を怪盗全員で確認して解散する。彼らの目的は『ジョージアの絵画奪還と師の後悔を晴らすこと』。師を信仰するものが多く、いつか自分も…と夢見る者が殆ど。

能力
 └現代社会に生きる者たちに発現するようになった特殊能力。多様なもので、増加傾向の現代では能力を持っているのが当たり前である。


○募集枠

組織
 └トップ:10人
  部下:無期限(多分)

怪盗
 └トップ:5人
  部下:無期限(多分)

 早い人先取りで進めさせて頂こうと思っています。各々、用語集で説明したとおりに書いて頂ければ嬉しいです。特殊枠は今後じっくり考えます←
 また能力については、持ってて当たり前の時代なので怪盗・組織どちらも持っています。


○参加規約

・今回はログイン勢のみの参加としたいと思います。非ログインの方々は申し訳ありません。
・リレー小説なし、派生作品オンリーにしようと思っていますが、主催の都合によってはリレー小説も行うかもしれません。
前科のある方の参加はご遠慮ください。
・キャラ作成は管理できる範囲とします。
・積極的な他方のキャラクターとの交流を宜しくお願い致します。


*

*


 詳細・追記等は、報告ができる範囲で随時お知らせ致します。一応確認しますと、

3L企画
・企画内容は【 怪盗 × 組織 × 殺人 × 能力 】
・組織のトップは10人
・怪盗のトップは5人
・その他部下は無期限(予定)
・能力は怪盗・組織どちらも持っている
ログイン勢のみの参加
・リレー小説なし、派生作品オンリー(予定)

 となっております。文字が赤くなっているところは確定事項なので把握お願いします。


興味がある方は是非、公開後の参加を宜しくお願い致します…!!







 ○追記○

 お久しぶりです、主催の者です。お陰様で沢山の方に『お気に入り登録&評価』をして頂いております、大変嬉しいです。ありがとうございます。
 さて、後々公開とさせて頂いておりました本企画ですが、

 5月22日 企画開幕・募集スタート 

 にできたらいいなあと考えています。作者も現段階で、何も進めていなくて……リアルに忙しいのでスミマセン汗
 ですが、既に脳内での構図は仕上がっております。明日には募集スタートできるように…ちょっと今から頑張ります←

 楽しみにして下さってくれる方々のご期待に沿えるように精一杯やらせて頂きます。明日には…明日の朝には多分仕上がっていると思います…思いたい。
 是非是非、たくさんのご参加を___作者、心からお待ちしております。


 ○追記_2_○

 先日ぶりです、主催です。
 つい先程

 『【募集企画】怪盗紳士の黙示録【3L】』

 の募集を開始したところでございます。大変遅くなりました。
 先日は「朝には」なんて堂々言っていたのですが、無理だと分かっていましたスイマセン汗
 何とか22日には完成致しましたので、また沢山のご参加をお待ちしております。

ホムペを作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (8 票)

このホムペをお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成

作者名:カメレオン | 作成日時:2022年5月17日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。