占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:122 hit
ハローハロー、ヨルでっす!

最近思うことが一つありまして、自分には長編は似合わないと思い始め短編を作ることにしました!

今回はタイトルから察するとチョロ松になります

タイトルうまくできてるかな?

それでもこの青春物語を見てくださると嬉しいです
---私にいい風を吹かせてくれて

ありがとう___


私の学校には世にも珍しい六つ子の方がいる
この学校に入った時に知った

その兄弟は人気があった、でもそんな中私は陰で生きていこうと思った
だって私が手を伸ばしても届かない存在だから


みんなが部活をしている放課後、裏庭にある木の下のベンチに座っていた

ここは風を感じやすく自然の香りが私を落ち着かせるから

……このまま寝ちゃおうかな


「ここで何をしてるんですか?」


後ろを振り返ると松野くんがいた

『え、あ、えっと』

「隣、座ってもですか?」

『ど、どうぞ…』


「失礼します」と微笑みながら言って隣に座る

松野くんの方を見る、そこには生徒会の文字が


『あの、もしかしてチョロ松くんですか?』

「…そうですけど」

これが私たちの出会い


「ねぇ、君って自然好きなの?」

『好き…ですよ木の下にいると、とても落ち着くんです』

「わかる気がする」

そこから話が合っていき、いつも裏庭の木の下で話すことが多くなった

普段の方でも話したいのだが彼は生徒会の仕事だったり、女子にモテるためあまり近づくことができない
だからこの時間は本当に特別なものだった


「YOU!」 と呼ばれると『あ、チョロ松くん!』といつもながらの返事をする

「ごめん、生徒会の仕事が遅れちゃって」

『全然いいよ!今日はどんな話をする?』

この時間は楽しくて楽しくて仕方がないものだった


でも、チョロ松くんと話してる内にどんどん気になっていっちゃって
気付いたら好きだってことがわかった

私は思い切って告白をすることにした


「ごめんなさい」

彼から帰ってきた言葉それは重く感じた

「僕、恋愛がよく分からなくって、その意味がわからないと付き合っても意味がないと思う」


その時心にヒビが入る音がした


『あ、あはは、そ、そうだよね
勝手に気持ち伝えられると迷惑だよね
……ごめんなさい』


私はその日は一日中泣いてたと思う

そーだよね、よくよく考えたらチョロ松くんってかなり告白されてるよね
私もその一人にしか見えてないのかも


その次の日から裏庭には行かなくなった
チョロ松くんとも廊下ですれ違ってもお互い顔を見ないで前を見ていた


月日が経ち卒業式の日

松野くん達の周りには女子がたくさんいた

でも私はそれとは反対に裏庭の方へ向かっていた
私は木を見つめ涙を流しそっと呟く



『もう一度、チョロ松くんと話したかったな』

と後悔をする


すると後ろから足音が聞こえてくる

向かってくる方向はここ、そして後ろで止む

「ハァッ、ハァッ……YOU」

『……どうしたの?チョロ松くん?』


私が大好きだった彼がいた




「この前の告白の返事……取り消してもいい?」



『それって…』

「あれから考えてみたんだ」

そして言葉を紡げる




「僕は君のことが好きです









-------どうか僕に揺られてはくれませんか?」




『…ひどい』

「え?」



『ひどいよ……けど







どんな風よりも今はあなたの風を感じたい」






今の私が感じたい風


それは


あなたの温もりがある風ですから______

ホムペを作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.2/10 (5 票)

このホムペをお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
設定キーワード:おそ松さん , チョロ松
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- ホムペでこんなにキュンとしたのは初めてです! (7月5日 15時) (レス) id: 429cd77a15 (このIDを非表示/違反報告)
茉莉@eitherになりたい(プロフ) - すごいキュンとしました。 (1月14日 0時) (レス) id: e19e5400db (このIDを非表示/違反報告)
step24(プロフ) - 面白かった!!あ!面白かった、です!評価、お気に入りさせてもらいました! (2017年5月31日 22時) (レス) id: c4755a84b6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成

作者名:ヨル | 作成日時:2017年4月3日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。