占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:0 hit、合計:288 hit
| CSS こちら/)の企画のテンプレートとなります。
興味があれば是非ご参加ください。
参加者様以外の使用をかたく禁じます。
使用する際は☆の後の文章をよく読まれてからお消しください。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

人魚



素敵なCSSは【こちら】からお借りしました。
素敵なフォントは【こちら】からお借りしました。
CSSはフォントと行間の間隔のみ改変しております。
【名前】Meredith(メレディス)Mervyn(マーヴィン)Morgan(モルガーン)


【芸名/コードネーム】Murúch(モルーア)


【性別】男性


【年齢】16歳


【役職】アクロバット


【身長】178cm


【体重】67kg


【容姿】太ももまである青黒い海のような黒を帯びた暗い緑色の美しい髪を三つ編みにするか一つ結びにして、前髪をかき上げている。ちなみに、普段は結わかずに前髪も後ろの髪もバサーっと垂らしている。瞳の色はパライバトルマリンやブルージルコンのような少し緑がかった透明感のあるネオンブルー。父親譲りの雪のような白い肌のせいで儚げな印象を持たれがちだが実際は長身で筋肉質。この顔に騙されてはいけない。ほんの少し憂いを帯びた表情や、柔らかい微笑みを浮かべただけで、周りの人間を狂わせるような非常に整った美貌の持ち主。すれ違っただけ、少し目があっただけで彼に恋に落ち、声を掛けて誘惑しようとしたり、襲いかかったりする女や男が大勢いる。どこか貴族の未亡人のような妖艶な雰囲気を漂わせているが、性格は男らしいの極み。体質のせいで歯が鮫の牙のように鋭く、噛まれると大怪我をすることになるのは確実。


【衣装】人魚をイメージした、踊り子のような水色のドレスを着て、ドレスと同色のビーズやシルバーの飾りなどを使って作られたベアフットサンダルと、白いポーウェリーの花を模した髪飾りを身に付けている。


【私服】糊の利いた白いシャツに、黒い襟に金のボタンの黒に近い灰色のカマーベストを着ている。ネクタイは暗いグリーンのカメオループタイをしている。下は黒いスラックスで、靴はを履いている。


【性格】大雑把でマイペースな性格。誰かに自分から従うならまだしも、強制されたり、隷属させられたりするのが大嫌いで、自由な思考や価値観を好む。を非常に可愛がっており、からかったりするのが大好き。肝が据わっており、順応性が高く、頭の切り換えが非常に早い。機転が利き、咄嗟に打開策を思い付く発想力は彼の才能である。耐えること、受け入れることに関しては団員随一。


【特異体質】水を被ると人魚のような姿になる体質。この姿の時に発せられる彼の声は、人を惑わせ、魅了する力を持つ。戻りたい時は、お湯か常温の水を掛ける、又は半日経過すると人間の姿に戻る。一ヶ月に一度は海の水に浸からないと肌が乾いてひび割れ、最終的には砂になってしまう。雨にぬれただけでも発動してしまうため、雨の日は嫌いではないが面倒臭い。湿度が一定以上あっても発動するらしく、面倒臭い。


【好きなもの/得意】耐えること、自然、食べること、水、動植物、甘味、泳ぐこと、裁縫、色仕掛け、ダンスなど


【嫌いなもの/苦手】火、暗くて狭いところ、他人の中身を見ない人間、機械、〜過ぎるもの、面白味の無い人間、汚いもの


【趣味/特技】楽器の演奏、歌うこと、魚捕り、海で泳ぐこと


【ボイス】
「俺はMeredith(メレディス)Mervyn(マーヴィン)Morgan(モルガーン)…長ったらしいから芸名のMurúch(モルーア)で呼んでくれ。俺の母親曰く、俺は人魚と人間のハーフ…らしいんだが、どうかねぇ?」

「この腕も、この脚も、この身体も、この、忌々しい力も……今は全てアンタのもの。さぁ、どうする?生かすも殺すも、壊すも治すも、全てがアンタ次第さ。生憎、俺の魂は既に売却済みだが……ああ、この肉の塊は、アンタに捧げてやるさ。」

「俺が耐えれば、その間アンタはエグランティーヌに手を出さない。だから、俺は耐えて耐えて耐えて…耐え忍ぶのさ。エグランティーヌの為なら、どんなに辛くても、どんなに苦しくても、どんな思いをしても、何をされても、ただ耐えるだけさぁ。」


【過去】幼い頃、彼はその美貌と美しい歌声を生かして母親と共にパブで歌手をしていたが、街一つを巻き込んだ大規模な火災が起き、その際に母親を喪う。息子だけは助けたいと願った母親によってクローゼットに匿われ助かるが、そのせいで彼は母親が燃え尽きるところを見てしまう。それ以来、彼は火や暗く狭い場所を怖がるようになった。天涯孤独となった彼は貧民街の片隅で、自分と同じく過去の辛い思い出に苦しむ少女、エグランティーヌと出会う。右手と左足が義肢であるエグランティーヌのために朝早くから働き、夜は体を売り、パブやバーで歌手として働き、それで儲けたお金で細々と暮らしていた。ある日、彼とエグランティーヌは貧民街から連れて来られ、実験台にされる。彼は特異体質によって、大好きな母親譲りの自分の歌声が兵器として利用されることを嘆き、怒り、WEIRDOに対して深い怨念を抱いた。


【関係】
オリバー・アダムス
呼び名:オリバー、ダンナ
仲間の中でも特に心を許している存在。本当の兄弟のように信頼しており、時々、妹エグランティーヌと共に彼と仲良くお茶会をしている。ちなみに、メレディスはハーブティー、エグランティーヌは砂糖とミルクたっぷりの甘いミルクティーをよく飲んでいる。
研究所時代、施設の水槽で泳いでいたメレディスをオリバーが女性と勘違いし、初恋に似た感情を抱かれて告白されたこともあったが、現在は双方すっかり忘れている模様。思い出したとしても、けろりとしているだろう。特異体質によって人間を魅了する効果を持った歌声がエグランティーヌ以外で唯一効かず、純粋に歌声だけを褒めてくれたオリバーを好ましく思っている。そのため、オリバーがサーカスを作ろうと皆に提案をしたときに、真っ先に彼に賛同した。
「ねぇダンナ、俺の歌はアンタを骨の髄まで蕩けさせる美酒にはならねぇが、俺の歌が必要なら何時でも言えよ。アンタのためなら、俺はこの忌まわしい歌声と身体を武器にして戦ってやる。……なぁんちゃって、な。俺が俺自身を切り売りする前に、アンタが俺と皆を救ってくれるだろ?信じてるぜ、オリバー。」


【備考】芸名でありコードネームであるMurúch(モルーア)は古い言葉で"人魚"や"海の歌い手"の意味。由来は、彼の持つ、母親譲りの黒を帯びた暗い青い髪から。

父親は不明。母親は小さなパブで歌手をしていた。母親からは父親は「蝶のような翅を持つ人魚」であると聞かされており、母親から聞かされていた自分の父親に似た姿になる特異体質に対しては仲間より僅かに好意的。

抜きん出た美貌のせいで生まれてこの方異性同性含めてまともな恋愛経験はゼロ。肉体的な経験はかなり多いが、精神的な経験がないせいでドの付く恋愛下手。快活な性格を持つが、愛情に飢えており、甘えたで寂しがり。

『自分が耐えれば何とかなる』思考をしており、滅私奉公とまでは行かないが、自己犠牲的な思考回路の持ち主。彼はどんなに殴られても蹴られても、窒息させられても拷問されても、刃物で刺されても殺されたとしても、相手を決して怒ることも咎めることも無い。何故なら、自分に意識が向けられている間は、仲間に被害が行かないから。


【無断使用】条件付きで可能です。事後報告でも構いませんので、使用の際は必ず私に一言お声かけください。死ネタ、裏切り、アンチ等の要素のある派生作品での使用を基本的には禁止致しませんが、必ず私に一言お願い致します。


【作者名】ねこうさぎ

ホムペを作る感想を書く
他の作品を探す

このホムペをお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
オリジナル作品
この作品の元となった作品:【悪魔達の沈黙。】(名前)で作成
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成

作者名:ねこうさぎ | 作成日時:2018年8月14日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。