占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:32 hit
【名前】
ルマ・ゾルフ

【性別】
女(心は男)

【年齢】
15歳


【種族】
獣人(狼の獣人)ニホンオオカミと人の血を受け持つ存在。


【在住】
ノークレス領


【職業】
学生兼騎士師団団長


【性格】
犬、男
自分の興味ある部分は興味が無くなるまで追う。人なつっこいが、心の底からなつくまでは相当かかる。人で言えは人見知りがあるけどやんちゃな男の子。犬で言えば初めは警戒心が強い生まれたての子犬。

それでも騎士師団団長なので、戦闘、護衛、訓練の時は常に厳しい中で優しくしている。飴と鞭の使い方が上手い奴。

【容姿】
黒髪のショート。耳と尻尾がとても濃い茶色。
目は緑色。
常にナイフは持っている。
普段は灰色のパーカーと青いズボンを装着している。
訓練中は騎士師団団長なので、王国の旗の絵が描かれた訓練服を身に付けている。

【生い立ち】
絶滅した筈のニホンオオカミと人の血を受け持つ存在として珍妙な生き物として扱われていたルマはよく人に追いかけられたり、捕獲対象にされたりしていた。そんな人間達を殺.そうと思えば殺.せたが、ルマはそんなことはしない。幼いながら、いつか人間と共存できる、と信じていたからだ。でも12歳になった時に悟った。こいつら人間はどうしようもない。共存は不可能だと。そこから、王国へと辿り着いた。初めは「王国では常に誰が自分を狙っているのか分からない。」そう考えていたルマは獣人と言うこともあり元々優れていた身体能力を更に強化すべく、毎日必死に練習した。そこを先代の騎士師団団長に気に入られ、実力だけで登りつめた。先代は、亡くなる前に「誰かを護れるように、頑張るんだぞ?」と言った。ルマはその言葉を胸に刻んだ。14歳になった頃、その言葉の意味が分かった。今のままでは駄目だと分かった。もっと強くならないと、そして、自分の部下達も一人一人が強く、その一人一人を護れるように、ルマは訓練に訓練を重ねている。

それが今のルマである。

今では学生として勉強し、騎士師団団長として王都や他の領にも行って護衛、戦闘、出張訓練をしにいくこともある位大変だが、それを幸せと感じている。

【特殊枠】(?)
心が男(男の娘の反対的な感じ?)


【サンプルボイス】

一人称/俺
二人称/お前/YOU
三人称/お前ら/YOU達

自己紹介「どもー、ルマ・ゾルフでーす!学生兼騎士師団団長を務めさせて頂いております!」
「騎士師団に入りたいのなら言ってくれ!訓練に付き合ってやるから!」

喜「あぁ〜、しゅき…」
「お!お前また上達してんじゃん!その調子で頑張るたい!」

怒「お前は何なん?俺の護るものは国民、大切な存在、皆なんだよ。」

哀「っぁ、す、すまん。ちょっと、一人にさせてくれ…」

楽「え!何やそれ!面白そう!なぁなぁ!俺もやりたい!」


【備考】
好き/得意…自分の仲間と国民。運動、算数の速く解く計算問題。訓練での手合わせ

嫌い/苦手…自分、蜘蛛


(その他)
身長172cm
体重62kg
誕生日:7/1
ある程度の強さの魔物なら遊ぶ感覚で倒してしまう。本気なら大抵の魔物はすぐ倒せる。

所持武器はナイフか片手剣、両手剣は重たいけど威力が強いので時々使う。

【関係】
募集中!

【派生作品について】
使用してもいい!

【作者】
 Luma

ホムペを作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 0.0/10 (0 票)

このホムペをお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
オリジナル作品
この作品の元となった作品:楽園 のテンプレ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成

作者名:Luma | 作成日時:2021年4月8日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。