占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:161 hit
こちらは募集企画『ゆらり、くらりと消えるだけ。』の35の質問です。参加者以外の使用を厳禁とします。

キャラクター性深めていきましょう!

たまに()ありますがキャラさんの台詞に噛み合う方を残してもう片方は消してください。どっちも噛み合わねーって時は多少改変入れても大丈夫です。

本当は50問にしようと思ったけどそこまで思いつかなかったというのと、長すぎると書き手もしんどいかなという考えに落ち着いたのでなんとも中途半端な数字になってしまいました。

あとカスミちゃんめっちゃ喋ります。質問振ってくる前にすごい喋ります。はよ質問しろやと思うかもしれませんが仕様ですのでご了承ください。

文字数制限で保存できなかったらコピーして貼り付けても大丈夫です!


──────

テンプレお借り致しました!ありがとうございます!
春原柚希はこういう子です。




Q1.改めて聞く必要もないけれど、あなたのお名前は?
「春原柚希! 春の原っぱって書いて『すのはら』、果物の柚子に希望って書いて『ゆずき』だよ!」

Q2.一応聞くけど、性別は?
「女だよ!」

Q3.うーん、そうね。どちらの質問も今更すぎたわ。
趣味はなに?あるなら、どうしてそれが好きなの?
「うーん、ハンドメイドかな? 小学校の時、お友達に誘われてハンドメイドクラブに行ってみたら、すっごく楽しくて……なかなか思い通りに作れないこともあるけど、どんどん上達していってる気がして楽しいんだ!」

Q4.そうなんだ。学校には行ってる?クラブ活動とか部活動もしてるのかな?
「行ってるよ! 部活は手芸部。違うクラスの子とか先輩とかとも仲良くなれるし、部活動っていいよね!」

Q5.お父さんとお母さんはいる?二人のことは好き?
「いるよ。そうだね、好き……うん、好き!」

Q6.ふーん。きょうだいはいるの?
「……うん! いるよ、瑞希っていう4歳の妹……」

Q7.あらそうなの。確かにあなたってきょうだいのいるイメージあるもんね。……そうだ。もしかして、好きな人とかいるの?ああ、恋愛的にね。
「好きな人っ!? ……い、いないよ? いないいない!! ……誤魔化してるわけじゃなくて、本当に本当に!!」

Q8.ふーん。……まあいいわ。次はそうだなあ……あ、初めて会った時、わたしや夢の中で意識があることについてどう思った?
「初めての時……は、そりゃすっごく驚いたよ。でも前に、主人公達が夢の世界で冒険する凄く面白い小説を読んだことがあったから、そのお話の世界に入ったみたいで……ちょっと嬉しかったなぁ」

Q9.なるほどね。今はどう?わたしのこと好き?
「ふふっ、大好き! 今までカスミちゃんぐらい沢山遊んでくれた子なんていなかったもん! あなたみたいなお姉ちゃんが欲しかったなあ」

Q10.ふふ、そうよね。お友達だもん。……わたしの夢の中で出逢った子の中で、一番仲良しだと思ってる子は誰?もしかして、わたしだったりして?
「ふふふ、やっぱり一番はもねだよ! 同じ学年の女の子がもねしかいなくて、話してみたらすっごくいい子だったんだ! ……あ、勿論カスミちゃんのことも充分仲良しだと思ってるよ?」

Q11.ふーん?そうなんだ。じゃあ、逆にちょっと苦手かもって子、いたりする?誰にも言わないから教えて欲しいな。
「苦手な子、かー。今のところはいないかなぁ」

Q12.へーえ?そう、いないの。あなたってお人好しね。まあ当然だけど、わたしもいないわ。次にいきましょう。自分のやってしまったことで、すごく後悔したことってある?
「後悔……そうだなぁ、お母さん達にもっと早く、私の思いをちゃんと伝えとけばよかったのかなぁ……なんて、思ったりするかも」

Q13.へえ、そうなんだ。まあ、程度の差はあれどきっと誰しもするわよね。わたしは記憶している限りではないけれど。そうね……じゃあ、嬉しいと思うときってどんなとき?
「『柚希は凄いね、頑張ったね〜』って褒めてもらう時! 頑張ってるのを誰にも認められないのって辛いでしょ?」

Q14.なるほどね。話は変わるけれど、特技とかあったりする?教えてほしいな。
「特技って言えるほど上手じゃないかもだけど……最近お菓子作りにハマってるんだよね。いつかすっごくおっきいケーキを作って、皆で一緒に食べたいなあ!」

Q15.幸せな物語より、救いのない物語の方が好きだったりする?
「ううん、私はハッピーエンドの方が好きだな。主人公たちが辛い目にあってるのを見ると、私まで辛くなっちゃうから」

Q16.自分の容姿についてどう思う?あなたが思う自分の顔のチャームポイントとかあったりするの?
「う〜ん、あんましよく分かんないなぁ。でもね、この目は私も気に入ってるんだ!」

Q17.へえ、なるほどね。わたしの容姿についてはどう思う?かわいいわよね?
「うん、すっごくかわいい! いいなぁ、髪がさらさらで……私もツインテールにしてみたいなぁ……」

Q18.ふふ、冗談だよ。でも真面目に答えてくれてありがとうね。じゃあ自分の性格についてどう思う?直したいところとかあったりするのかな?
「うーん、すぐ顔に出ちゃうところは直したいかな……ババ抜きとか苦手なんだよね〜」

Q19.みんな本当にここから帰りたいのかな?あなたはわたしと一緒にいてくれる?
「人によるんじゃないかな? 絶対に帰りたいって思ってる子も、絶対に帰りたくないって思ってる子も、どっちでもないって子もいるもんね。私は…………カスミちゃんとずっと一緒にはいられない、かな」

Q20.ごめんね、またからかっちゃった。というか、みんな本当に帰れると思ってるのかな?あなたはどう思う?
「そりゃ、最初から諦めてたら何も始まらないし……私は、帰れるって信じるしかないと思う。いつでも希望を捨てちゃ駄目だって、お父さんが言ってた」

Q21. ……そう。ねえ、帰れるとしたら帰りたい?それともここにいてくれる?理由も聞かせてほしいな。
「帰りたい……っていうか、『帰らなきゃいけない』の方が近いかも、私的には。お母さんとお父さんに、私のことが好きかどうかちゃんと聞かなきゃだから」

Q22.ふーん。よくわかんないや。でもまあ、妨害はしないけれど。わたしから帰したりもしないよ。出口があると思うなら探してみればいいわ。いずれ答えはわかるはず。そういえば、もしあなたが特に仲良しだと思ってる子がここから帰りたいって言っていたら、あなたはその手助けをしたいと思うの?
「するよ、精一杯。出来る限り。私も同じ気持ちだもん」

Q23.へえ、そう。……ふふ。別に大したことじゃないのよ。そうだ、あなたのお誕生日っていつだったかしら?
誕生花とか、そのお花の花言葉とか知ってる?
「2月22日のにゃんにゃんにゃんの日だよ! 誕生花は……確かローダンセとか、蕗とか? ローダンセは『変わらぬ思い』『終わりのない友情』、蕗は『愛嬌』『公平』『私を正しく認めてください』……いっぱいあるよね〜」

Q24.そう。……ここって時間の概念とかないから、お誕生日会とかは出来ないんだけれど……みんな子供のままでいられるし、別にいいわよね。わたし次第では、朝や昼や夜の風景に変えることはできるけれどね。
まあ、お誕生日会はできなくてもパーティー自体はいつでもできるわ。そうね、せっかくならみんなの好きなものを食べてもらいたいわ。あなたの好きな食べ物を教えて?理由とかあったりする?あ、別に無理に理由を付け加えなくていいからね?なんとなく好きだって思うのはよくあることよ。
「チーズケーキ! あとは柚子とかみかんとか、柑橘系も大好きだよ!」

Q25.そうなんだ。確かにそんなイメージあるかも。……え?夢の世界なのに食べられるのか?そうね。実はわたしもこの夢の空間のことを全て把握できているわけではないの。……別におかしいことではないでしょ?だって、あなたは現実──あなたの生きる世界のことを全て理解できている?そんなわけないでしょう?
……話が逸れたね。でも、少なくとも幻であっても食感や風味は感じられるみたいだし、食べた気にはなれるんじゃない?きっと夢だし、わたしにとっては現実でもあなたたちにとっては幻だけど。
そうね、逆に苦手な食べ物も聞いておこうかな。好きじゃないもの出されるの嫌でしょ?あ、理由も教えて欲しいかな。
「苦手な食べ物? ……うーん、特に無いかな。ちゃんと全部残さず食べないと叱られるから」

Q26.なるほどね。覚えておくわ。
次は……そうね、この人が悲しんでたら自分も悲しくなるってとき、あなたにはある?この世界の子でいうなら、それは特に誰に対しての感情かしら?
「特定の誰かってわけじゃないけど、友達が悲しんでたら私も悲しくなるし、悲しくなくなるまで寄り添ってあげたいって思うな」

Q27.へえ?……あら、別にこの笑顔に含みなんてないわよ。わたしは元からこんな顔なの。そうね、それじゃあ……ここで出会った子を通して、何かに対する価値観が変わったりはした?
「うーん、どうだろ……色んな考えを持ってる子がいるからなぁ……でも、皆夢の中から帰りたがってるのかなぁって思ってたから、あんまし帰りたくないって子が結構いるのはちょっと意外だったかも。まぁ、人には色々事情があるしね」

Q28.そうだ、なにか欲しいものはある?よかったらわたしが用意してあげるわ。なんてったって、わたしの夢の中なんだからわたしだけには自由自在ですもの。あ、危険物は用意しないわよ?あとわたしがイメージしづらいものも難しいわ。
「えっとねぇ、私ミシンが欲しいな! 良かったら、布とか糸とか材料も。色々手作りして、皆にプレゼントしたいんだ!」

Q29.あら、そのくらいならお安い御用よ。いつでも渡してあげるわ。
……そうね、この話は一旦置いておきましょう。将来の夢とかはあった?目指していたものがあるなら知りたいわ。
「本当? やったあ! ……うーん、あんまり決まってなかったなぁ。でも、得意なことを活かせる仕事に就きたいとは思ってたかも」

Q30.ふーん。現実の世界でお友達はいた?どんなお話しをしていたのかちょっと興味あるわ。
「いたよ! 流行ってるゲームの話とか、部活の話とか、恋バナとか? 学年の恋愛事情に凄く詳しい友達がいたから、私もいつの間にか詳しくなっちゃったんだよね……正直あんまり興味はないんだけど」

Q31.へえ、楽しそうね。わたしもぜひその場に混ざってみたかったわ。ところであなたにとって、「お友達」ってどういう存在?どういう定義なのかな。
「大事で大切、かけがえの無い存在……みたいな感じ? 友達に支えられて、助けられたこともいっぱいあったから…………定義、かあ……お互いが一緒にいて楽しかったら、もう友達なんじゃないかな……う〜ん、よく分かんない!」

Q32.ああ、ごめんね。ちょっと難しかったかな。気にしないで、質問を変えるわ。じゃあ、そうだね……あなたにとって、「家族」ってなに?あなたにとってどんな存在に感じているのかしら。
「…………私を誰よりも大事に思ってくれる、存在……かな」

Q33.そっか。……それなら、家族とお友達、どちらが大事?よくあるもしも話だけれど、片方しか助けられない状況下だったらあなたはどちらを助けようと思う?あるいはどちらも助けないかしら。
「うっ…………うーん、例え話とは言えどっちかを見捨てなきゃいけないわけだよね。ちょっと前なら……あ、いやでも…………」

Q34.あはは、ごめんね。ちょっと意地悪な質問だった?というか、質問攻めにされたこと自体怒ってたりする?
「ん、全然いいよ! むしろカスミちゃんといっぱい話せて嬉しいな!」


Q35.それならよかった。あなたってやっぱり優しいわね。おかげで楽しい時間だったよ。ありがとうね。またわたしとお話ししてくれる?いいわよね?
「うん、勿論! 私も楽しかったよ!」

__

これで終了です。ここまでやっていただきありがとうございます!ここで答えていただいた内容を本編の参考にさせていただきます。

ホムペを作る感想を書く
他の作品を探す

このホムペをお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
設定タグ:ゆらくら   
作品ジャンル:プロフィール, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成

作者名:ヒメアミ | 作成日時:2022年5月16日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。