占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:2,683 hit
これは私、ねこのこねこがハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校を見て思ったこと、感じたことが文にしてあります


共感なんてしなくてもいい

低評価が来たって構わない



ですがこれは“作品アンチ”などというコメントはおやめ下さい…



P.S.ほとんど白鳥沢学園のことだと思われます
“嗚呼…栄光の白鳥沢学園”

その言葉を聞いた時胸がぐっときました

私はハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校を見て正直にいうと白鳥沢学園を応援しておりました


ましてや“白鳥沢学園に勝って欲しかった”そんな感情すら心に残っております


まず第1話のこと


白鳥沢学園の背筋の伸びた凛々しくも美しい走り方


胸が痛くなりました


なぜなら“ハイキューのマンガをもう読んでいるから”



こんなにも“凛々しく美しき白鷲が負けてしまう”


その事実を知っているから



2話のこと


まだまだ序章の途中

2校ともまだまだ余裕だったと思います。

まぁ、全く体力のない私が言うのも何ですがね…



白鳥沢学園に点が入れば「ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」

烏野に点が入れば「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」


昔からわかりやすいと思いますよ。はい。



……2話の終盤の五色ちゃんは可愛かった…




3話のこと


あれは天童が印象に残る回でしたね。


なんて言ったって話の名前が「GUESS・MONSTER」ですからw


「見合いなら女とやれやァァァァ!!!」

「???…はッ……はい!」

「プスッw…はいってw」

の所もとても好きでした



4話について



あれは月島くんが牛若のスパイクをとめる回。

そして川西くんの口笛が印象的でした。


“月島くんがスパイク止める”


その場面を見た瞬間に私は

「つッ…つッ…ツッキーィィィィィィィィィ!!!!」

と叫びました。

本当に。


白鳥沢学園推しなのになんで叫んだのか。

なんで感動したのか。

なぜ涙を流したのか。


その理由さえまだあまり自分でわかっていません


ただ分かることは…


“やっぱり自分はハイキューが好きなんだな”

と。


5話について


白布くんの過去編がありましたね

私はずっと白布くんはバレーの推薦で白鳥沢学園に入ったと思っていましたがやはり“努力”をして入ったんだなーと思いました

「技術も稚拙でどうする。」

から

「そーゆー意味じゃないですゥ…」

のところは本心で言うと本当に笑いました。

「こいつらなんで知り合いみたいになってんだ?」

の場面も「それな!」って叫びました。w




「俺にとっての一番かっこいいバレーはこれだ。」

「誰よりもめだたないセッターに…俺はなる」

の部分等が今も目に焼き付いて離れません。


これは白布くんがメイン?の場所なんですかね。?


「一番期待されてるからだよ。」

その一言で涙が止まる五色ちゃん。

可愛かったです♪


「ストレートキレキレ野郎…」

なんやかんやで辛辣のような褒めてるような。
そんなことを言っている飛雄くん



そして川西太一愛してる娘達(ねこのこねこも)にはたまらない所がありましたね〜

あそこが出たら倒れました(ガチで

いや、ほんっと太一が好きすぎてヤヴァイ()

6話について




7話について

どうしよう


最初の影山の「ナイスカバー…」が

どうしても「ナイスキャバー…」に聴こえてしまうんです。

なぜだろう()



牛若の家庭環境の話もしていましたね。


“両親離婚して養子として牛島家に入った”

そんな複雑な家庭環境を抱えて…怖かっただろうな…と思いました

“ほかの人とは違う左手で戦うスタイル”


それも牛若の一つの“牛島若利”であるんだな。


そう感じた話でした


なんてここで区切れませんよ。

月島くんが指の付け根を切って血を出したんですよ?!()

大変だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ()

マンガでは月島くんが「手…変です」っていったのかと思ってたけど飛雄が言ってたのか…()




8話について


……お腹を当て合うの痛くないのかな…(、)

てか日向ってなんやかんや言ってボールへの観察眼すごいですよね…

顔面レシーブ……よくあんな早く反応できたなーって思います

でも旭さんのスパイクをブロック時の天童の顔めっちゃ可愛くなかったですか?!()

てか


牛若の「なんか…いやだ」の場面。


牛若がそんなこと言うなんて…って思いました

“俺は…俺達が勝つことを疑わない”


そんなことを言えるなんてよっぽど白鳥沢学園バレー部を信頼しているんだなって…思いました

……


影山のジャンプ…すっごいかわいかった!()

ソイソイソォイもすっごく可愛かったです…ヽ(*´∀`)ノ


瀬見さんのサーブを顔面で受けてみたい()

いや、そういうMとかそういう事じゃなくて

日向と同じことをしてみたいっていうか…( )

本心いっていいですか(、)

瀬見さんのサーブ姿が大好きです。


まず瀬見さん大好きです。


白鳥沢学園に転校したい(、)


まず教頭…ハゲのこと隠してたんじゃないんですか…

なんでカツラ振り回してるんですかッ!()


…日向の超至近距離レシーブの仕方に驚きました


まずあれ…レシーブなんですかねェ…

スパイクレシーブ ッ ていう単語作っていい気がする(、)


成田さんの目の前の太一見てると「身長よこせ」ッて思います(、)

進撃の川西((ボソッ…

月島くんが戻ってきましたね、!
その時の月島くんの凛々しい顔がカッコよかったです(*´∀`)♪

9話について



この回から烏養コーチの監督が変わりましたね…

最後まで変わらないのかと思っていました…

ショックでした…


そして黒尾推しの私にとってサイコーの回でした!

安定のかっこよさ…

そして潔子さんが美人で美しかったです…

日向の正直さが目立つ話(*´ω`*)

烏野も白鳥沢もみんなみんなカッコよかったですー!


10話

遂に最終話

“白鳥沢学園は負ける。”

その事実を知っているはずだったのに_


涙が止まりませんでした

嗚呼…白鳥沢学園に勝って欲しかった。

そんなことを思ってしまいました。


主人公の高校は白鳥沢学園ではない

“烏野高校”

それは紛れもない事実である


だけど


“白鳥沢に勝って欲しかったッ…どうしてもッ…”

そんな思いは膨らむばかりでした…


バレー部が泣いてる姿を見て胸が痛かったです


私も涙が止まりませんでした。


嗚呼、なんでこんなにアニメになのに苦しいんだよ。


“私は三次元の人間”

“ハイキューは二次元”

それは真実、



いつか…いつか…



ハイキューの世界にトリップできますように…と


願っておこう。





〜END〜


P.S.

なんで白鳥沢学園の引き継ぎの場面カットするんですか?!


あれが私にとっての感動する場面だったのに…



P.S.2

影山くん、全国ユースおめでとう!



#4期制作希望

ホムペを作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (20 票)

このホムペをお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ねこのこねこ(プロフ) - とある白鳥沢推しさん» わかります。受け継ぎをカットするのは本当に号泣しました。私もOP泣いてたんで気持ちわかりますw (2017年1月5日 22時) (レス) id: bd683766b2 (このIDを非表示/違反報告)
とある白鳥沢推し - 初めてまして。私も白鳥沢一筋の為、勝敗が既に分かってはいましたが、10話…。OPから泣いてました。主人公校は確かに烏野…、でも主人公の日向はまだ1年だから良いだろ!牛島さん達に勝たせてくれ!と1人で叫んでました(笑)しかも、カットされて余計に号泣しました (2017年1月5日 14時) (レス) id: 59ab19db0b (このIDを非表示/違反報告)
ねこのこねこ(プロフ) - 兎花さん» それなです!ほんっと引き継ぎシーンカットとか酷いですよね! (2016年12月25日 18時) (レス) id: bd683766b2 (このIDを非表示/違反報告)
兎花 - 兎花も共感できます!1話めから白鳥沢が負けるのわかってるから毎週泣いてました。でも一番辛かったのは最終話の日。引き継ぎシーンで号泣すると思い大きめのタオルを用意。→カットされた→結果号泣でした笑笑 (2016年12月25日 15時) (レス) id: f5c5305fc3 (このIDを非表示/違反報告)
ねこのこねこ(プロフ) - 塩ぱぴこさん» キエヤァァァ!!!()誤字ってましたァァァ!すいません!共感なんて嬉しい(〃э_э)b ウフッ.:゚+ (2016年12月23日 0時) (レス) id: bd683766b2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成

作者名:ねこのこねこ | 作成日時:2016年12月11日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。