占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:9 hit、合計:15,950 hit
「よお、来てくれたんだ」


「僕に会いに来てくれたんですよね? ありがとうございます」


「……はあ? ちげーよ俺だし。 だれもはじめんになんか会いに来てねェよ」




キヨとはじめしゃちょー、どっちに会いたい?




どっちが好き? どっちに、…………






狂うほど、愛されたい?







どもども。 玲佳と申します


今回執筆させていただくのは、かの有名なYouTuberはじめしゃちょーさんと、大声実況者キヨ。さんによる日替わり小説です



✔はじめしゃちょー ×8

✔キヨ。 ×10

✔スペシャル ×1



どんなお話かは、読んでからのお楽しみです



リクエスト等あればコメント欄にて、どうぞ


ご感想、評価等してくださると励みになります



※閲覧は自己責任でお願い致します
 苦情は一切合切受けつけません

19種類の結果パターン

「好きなんて、何回言っても足んない」 - 2020年9月23日

*キヨ。



「YOUもう帰るのー?」


「う、うん。 ごめんね」


「まだ一七時だよ?」


「うん。 そ、それでも帰らなきゃ」




友人は名残惜しそうにしながらも、それならしかたないねと手をふった。 YOUはそれを傍目に見ながら、帰路へついた





「……た、ただいま帰りました」




やっとのことで家に辿りつき、玄関から声をかけると、返事がなかった

しかし靴はある


おおかたリビングで動画でも観て寝ているのだろう。 いや、そうであってくれと願いながら、YOUは廊下の扉をひらいた


そしてそこで見た光景に、YOUは目を疑った




「キヨさんっ」




キヨは、ダイニングテーブルの椅子に座りながら、手首、否、腕を切っていたのだ。 それも包丁で

そのため腕からは大量の血が溢れだしており、白のテーブルを真赤に汚していた

YOUの呼びかけにも反応しない。 目は虚ろで、もう死ぬのではないかと疑うほどだ


YOUはキヨの肩を掴んで激しく揺すった




「キヨさんっ。 しっかりしてください! なんでこんなこと、……」


「…………あ、YOU。 おかえり。 いや、おまえが一七時過ぎたのに帰ってこねェから、一分単位で傷つけてただけだよ」


「だけ、って……それで、それだけでこんなことしないでください! 死んじゃいますよ?!」


「いいよ」




キヨは椅子に座ったまま、YOUの身体を抱き寄せた。 その手から、包丁が滑りおちる




「おまえを想って死ぬんならなんも怖くねェもん。 ……はあ、いい匂い。 YOUの匂い。 俺の彼女だもん、俺だけの彼女だもん……ね」





普段、自分が見あげている相手から見あげられるという気分は、おそろしいのひと言に尽きた


キヨの目はまだ虚ろで、濁っていて、まるでなにも見ていない。 YOUを見ているはずなのに、その目は虚しか映していない




「俺ってずりィよなあ? こんなことしたら、優しいおまえはもうどこにも行かねえと思ってんだから……」


「行きませんよ…………もう、キヨさんを置いて、どこへも行きませんよ」


「……ほんと?」




今のYOUには、こう言うよりほかになかった


自分のために誰かが死ぬのは嫌だ。 それが、多少狂っていようが好きなひとならば、特に




(やった、やった。 大好き、YOU。 ずっと一緒だよ。 ずうっとずうっと…………)

この作品には19種類の結果があります

お気に入り登録で明日違う結果をチェックできます


占いを作る感想を書く
他の作品を探す

ブログに結果貼り付け:

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (131 票)

この作品をお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
71人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成
この占いのブログパーツ

作者名:玲佳 x他1人 | 作成日時:2018年12月15日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。