占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:4 hit、合計:6,918 hit
どもでーす、駄作者アイリでっすよ〜♪


さてさて、初めての日替わりですよ(^ω^)


これは、ポケモンのキャラクター(男の子)との告白小説となっております!


(多分、告白以外もまざりますがね…)


駄作者、サトシが大好きなのでほっとくとサトシの話だらけになると思われます!!


つか、そうなります!100%!!


なので、良かったら……というか、とにかくリクエストして頂けるとうれしいです!!


泣いて喜びます。


あ。サトシでも全然オッケーです!!


キャラクターの名前とシチュエーションを書いてコメントしていただけると嬉しいです♪


↓↓↓今あるもの↓↓↓

・サトシ(若干泣き虫)


・サトシ(幼少期)


・サトシ(会話文だけ)


・シゲル


・シゲル(会話文だけ)

5種類の結果パターン

さてさて……今日は誰に告白されるかな…? - 2019年7月19日

今日は、サトシくんから告白されるそうです♪



ここは、カロス地方。

私は、幼馴染みのサトシ、セレナ、シトロン、ユリーカと共に、旅をしていた。……んだけれど。


最近、サトシの様子がおかしい。


あまり、ご飯を食べないし(いつもおかわりするのに!)


ボーッとしてる時が多いし。


元気で無邪気が取り柄のいつものサトシからは、想像も出来ないくらい静かなサトシ。


私は早く、いつものサトシに戻ってほしいと思っていた。


ある日、私達は野宿をしていた時のこと。


みんな、寝静まった頃、私は眠れなくて近くの岩に座っていた。


すると、サトシがテントからゆっくりでてくる。


珍しい。


「サトシ…?眠れないの?」


「…ん。なんか眠れなくて…。YOU……もか?」


私はアハハと笑って頷く。


サトシも何処かぎこちなく笑って私から目を反らした。


「っ……!」


そんなサトシを見て私は思わずの手を取っていた。


「ねぇ、サトシ…どうして?


……なんで何時もみたいに、


笑ってくれないの……?」


そんな私を見て、サトシはビクッと肩を揺らすと軽く息を吸って私の目を見た。


「ごめん……俺、YOUを傷つけちゃってた……」


サトシは悲しそうにうつむく。


そんなサトシに私はただ首を振って、笑う。


サトシは、一瞬泣きそうな顔を浮かべて、


私をギュッと抱き締めた。


「ごめっ……ごめん……


なんか俺、ずっとおかしくて……


YOU見ると、ドキドキして……


俺っ…YOUの事が好き。好きみたいなんだっ!」


そういってサトシはグスグスとなき始める。


私は、そんなサトシのおでこに…軽くキスをした。


サトシがトマトみたいに真っ赤になる。


「私も、サトシが、大好きだよっ!」


いつも強くてかっこいい彼の可愛い可愛い告白に私はとろけちゃいそうです♪

この作品には5種類の結果があります

お気に入り登録で明日違う結果をチェックできます


ラッキーキャラクター

タケシ

占いを作る感想を書く
他の作品を探す

ブログに結果貼り付け:

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.9/10 (41 票)

この作品をお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:アイリのしょーせつ , ポケモン , アニポケ   
作品ジャンル:タレント/アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成
この占いのブログパーツ

作者名:アイリ | 作者ホームページ:   
作成日時:2015年9月23日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。