占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:330 hit
「え?俺が正しいよ?」


「いつも見てるからね。」







どうも、真白(ましろ)です。


初めて日替わりなるものを作って見ましたお←


占ツク自体は初めてではありません。
別の作者名ですが、一応作ってます。



×××今あるストーリー×××

卒業式
エレベーター
スーパーマーケット
塾帰り
いじめられ



少なくてごめんなさい…。
これからどんどん増やします。

リクエストも受け付けます!


ストーリーは、かなり意味不明だったりすると思いますが、「よくわからない」を感じてください(笑)


あと、ツイッターやってます。
@mashiro_o2

5種類の結果パターン

今 日 の 結 果 - 2019年7月16日

いじめられ

×××



私のクラスでは今、絶賛いじめが行われている。

私と同じ図書委員の、×××くんだ。

しかし、そんな彼にも支えがいた。

それが、私だ。
私は、彼がいつものように男子生徒からいじめられている時、そっと声をかけてあげた。

「私だけは味方だから、大丈夫だよ。」

その言葉は、いじめを受けている彼の心に強く響いたらしい。

なぜ助けたかというと、私もいじめを受けていた経験があり、ほっておけなかったからだ。


そして今、そんな彼と図書委員の残業をしている。

狭い書庫にあるものを整理するというものだ。

おまけに私と彼の2人だけ。
彼を助けてしまった私も、みんなから距離を置かれ始めているからだ。
私はそれで構わないが。

私たちは、無言で整理を続ける。
ちなみに私は、彼に恋心というものは特に抱いていない。
まあ、付き合えるかと聞かれれば悩みどころだが。

「YOU」

「ん?」

すると突然、背後から抱きしめられた。

腕と首を絞められて、身動きが取れない。

「俺が、何も感じてないとか思ってた?」

彼の息が髪にあたり、少しくすぐったい。

「いじめられてるの助けてくれて、ずっと仲良くしてくれて、優しくて、笑うと可愛くて、しかもこんな狭い書庫で2人きりとか…。」

「×××…くん?」

「俺がそんな弱そうに見えた?俺だって男子だし、女子くらい抑え込めるよ?」

どんどん私を抱きしめる力が強くなっていく。

「んっ、なんで…っ」

「俺だって……、独り占めしたくなるよ?」

この作品には5種類の結果があります

お気に入り登録で明日違う結果をチェックできます


占いを作る感想を書く
他の作品を探す

ブログに結果貼り付け:

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (3 票)

この作品をお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
設定キーワード:メンヘラ , ヤンデレ , 真白 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成
この占いのブログパーツ

作者名:真白 | 作成日時:2017年9月2日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。