占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:9,553 hit
これは
当小説【え、暗殺?めんどいだけ…デショ?】
http://uranai.nosv.org/u.php/novel/hanazonoru5/
の夢主君の日替わりです。

ついでに暗殺教室キャラや、オリキャラおちはありません。

夢主君(江夜君)と貴方だけです。



占い
・授業 【お母さん(?)系女主】
・デート?【元気系女主】
・プール 【クール系女主】
・勉強会 【おバカ系女主】
・スペシャル! 【?系女主】製作中…

リクエスト募集します!

5種類の結果パターン

『今日はドンナ俺に恋スル?』 - 2019年10月21日

・プール 【クール系女主】
カレカノじゃない キスシーン有り
…………………………………

どうも皆さん…

今私は、なぜか

江夜『アレ…楽しくナイ?』

近くのプールに遊びに来てます。

江夜『おぉ〜い!』

ねぇ…一つ言っていい…

貴方「…近い」

顔がとてつもなく近い…

しかもお互い水着姿だし…

貴方「……ん」

変な風に思われるのも嫌だったから、とりあえず江夜に向かって返事はしておいた。

江夜『えぇ…ひどいナァ…』

すると隣で「ブスぅ〜』とふてくされている江夜…

少し…少しだけ可愛いと思っていると

江夜『…ネェ…(低音ボイス』

いきなり江夜が耳元で低音ボイス状態で話しかけ来た。

貴方「…んっ、なに?」

私はとりあえず江夜に返事を返した。

いやっ…明確にいえば【返そうとした】

貴方「江y(ちゅっ…」

「江夜…」そう言おうとした私の唇は江夜によって塞がれた。

貴方「なっ///!」

いきなりの出来事に戸惑う私…

とりあえず顔を背けようとしたけど…

江夜『ダメっ…離さないヨ…』

江夜の腕が私の体を包み込む…

言わば私は…抱きつかれてる…

貴方「はっ!離せ////!
私達はカレカノでもないのに!」

そう大声で叫ぶと江夜は

江夜『…俺はなぁ…YOUとカレカノになりたいんだけどな…(耳元、低音ボイス』

低音ボイスで喋った。

あいにくここは他の人から視界が映らない場所…

江夜『ネェ…ドウサレタイ…?(低音ボイス』

耳元に響く低い声…

あぁ…

もぅ……

貴方「…っ、キスしてください////」

かっこいいんだよバカ…

江夜『…良くできました…((クスッ』

そしてまた、私たちは唇を重ねた。

…………………………………………

『あんまり人の多いとこはキライだけど…YOUがいれば
まぁ……イイけどねぇもっとキスされたかったら…
ミギの星押しなよ…いつでも待ってるヨ♪』

この作品には5種類の結果があります

お気に入り登録で明日違う結果をチェックできます


占いを作る感想を書く
他の作品を探す

ブログに結果貼り付け:

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (56 票)

この作品をお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:暗殺教室・夢主 , 花園ルイ , 恋愛系?
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成
この占いのブログパーツ

作者名:花園ルイ | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2015年3月8日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。